物件内覧でチェックすることって?確認すべき注意点とは

「物件内覧でチェックすることってなに?」「物件内覧の注意点とは?」など、物件内覧では何を見ておくべきなのか、という点について疑問を感じていらっしゃいませんか?

物件内覧は、不動産選びで失敗しないためにも重要なポイントの一つ。しかし、どこをチェックすればよいのか分からないという方は少なくありません。

そこで、本ページでは「物件内覧でチェックすること」と「物件内覧の注意点」について詳しくご紹介します。

物件内覧とは

物件内覧とは、マンションや戸建てなどの物件の内見を指します。

不動産広告の情報だけでは物件の詳細を全て把握することはできません。例えば、「雰囲気」に関していえば、不動産広告の写真とは異なることがあります。また、不動産広告には「南向き」と記載されていても、建物自体は大きな木や別の建物などで、日光が遮られていることもあります。

実際に入居してから「こんなはずではなかった」といった状況を回避するためにも、物件内覧は重要といえるのです。

とはいえ、物件内覧を行うにあたり、「物件内覧時にチェックすること点は何か」を把握していなければ、せっかく時間をかけて物件内覧をしても無駄になってしまいます。

物件内覧が決まった方や、これから不動産購入を検討している方は、物件内覧でチェックすることについて把握しておきましょう。

物件内覧で持っていくと良い物

物件内覧は、自分の目で確かめるだけではありません。

実際の生活を想定して、「本当にこの物件が合っているか」をイメージする必要があります。そのためには、自分の目だけでチェックすることが大前提ではないでしょうか。

物件内覧で持っていくべきおすすめのアイテムは、次の通りです。

メジャー

物件内覧では、メジャーを持っていきましょう。

不動産広告との違いはないか、面積を調べるうえで重要なアイテム。また、家具家電を置く際の目安にもなるため、メジャーは必須といえます。

カメラ(スマホでも可)

どのような物件であったかを記録するためにも、カメラで内部を撮影しておくことをおすすめします。

特に、複数の不動産で物件内覧をする場合、記憶が曖昧になりやすいもの。明確に内覧した内容を覚えておくためにも、カメラを準備してください。なお、スマホなどの「カメラ機能」でも代用は可能ですので、必要に応じて準備できる方を活用しましょう。

懐中電灯

必須アイテムではないものの、懐中電灯は持っておくと便利です。

例えば、クローゼットや物入内などは薄暗くて見えにくい場所。天気や時間帯によっては、細部まで確認がしにくい場合もあります。

そういった状況に備えて、懐中電灯を持っておくと安心。薄暗い場所でもしっかりと照らすことができるため、「チェック漏れ」を防ぐことができます。

物件内覧でチェックすること

物件内覧でチェックすることは、意外にも多いです。不動産選びで失敗しないためにも、次をよく確認しておきましょう。

周辺環境

まずは「周辺環境」についてチェックすることをおすすめします。

マンション、一戸建てに関わらず、不動産購入後は長くその建物に住むことになります。生活圏となる周辺環境が、自身や家族のライフスタイルに適していなかった、不便さを感じる立地などであった場合、毎日の生活でストレスが生じてしまうものです。

特に、「公共交通機関へのアクセス」「スーパーやホームセンターなどの頻繁に利用する施設」などは確認しておきましょう。アクセスが悪かったり、周辺に必要な施設が無かったりすると、日常生活の不便さを感じてしまうもの。不動産購入を後悔してしまうこともあります。

また、「災害のリスク」「事件のリスク」について確認することも大切です。

近くに山や川がある場合は、土砂崩れのリスクや氾濫のリスクを想定しなければなりません。そして、人通りの少ない道が多い場合は、昼と夜とで雰囲気がガラリと変わり、夜間の外出が危険になる場合があります。

まずは、希望物件の周辺をよくチェックすることを意識しましょう。

生活動線

実際に住んだ場合のことを想定し「生活動線」についてチェックしてみましょう。

例えば、洗濯機の場所から洗濯物を干す部屋までの動線や、キッチンから食卓に料理を並べるまでの動線など、細かいことではあるもののチェックすることは大切です。

生活動線の悪さは、日常生活に支障をきたしてしまうもの。特に、主婦にとっては「チェックすること」の中でも非常に重要なポイントといえます。

間取りを重視する方は多いですが、生活動線についてもしっかりとチェックすることをおすすめします。

眺望

マンション、一戸建てともに「眺望」をチェックしてみましょう。

日常生活の中で大きく影響を与えるものではないものの、眺望が良い物件であれば毎日の暮らしにちょっとした彩を添えることができます。

また、逆に窓やベランダから見える景色が、「墓地」「カップル向けの宿泊施設」「別の建物の壁」などの場合、毎日の気分屋情緒に影響してしまうかもしれません。とくに、小さなお子様がいる家庭の場合は、墓地やカップル向け宿泊施設が目の前にあるような物件は、あまりお勧めできないのが事実。

可能な範囲で「眺望」もチェックすることで、入居後の「こんなはずでは」といった状況を回避できるでしょう。

リフォームの必要性(中古の場合)

中古物件の物件内覧をする場合、「チェックすること」として、リフォームの必要性を候補にいれておきましょう。

中古の場合は、リフォームが必要となるケースが多いため、リフォームが必要であること自体は問題ありません。しかし、「リフォーム規模が大きすぎる」という場合は問題です。

例えば、主要な柱を交換するほどの大掛かりなリフォームが必要であった場合、リフォーム費用がかさんでしまうことが考えられます。

中古物件の物件内覧時には、リフォームがどれくらい必要になりそうかチェックしておきましょう。

物件内覧の注意点

物件内覧では、チェックすることだけではなく「注意点」もあります。それが、入居中の物件内覧です。

中古物件の物件内覧を行う場合、入居者がまだ退去していない段階で内覧することになります。家具や家電、その他日用品が置いてあるため、不必要に動かしたり汚したりするのはマナー違反。また、物件内覧中に物件の欠陥を見つけたり、汚れや傷などに気が付いても、入居者がいる前で指摘するのも好ましくありません。物件内覧後に担当者に相談することをおすすめします。

現時点で入居している方々に迷惑にならないよう、物件内覧をすることが大切です。

物件内覧前に「チェックすること」「注意点」を把握しておきましょう

今回の記事では、物件内覧で「チェックすること」と「注意点」について解説しました。

不動産購入において、物件内覧は必要不可欠。しかし、「物件内覧チェックすることが分からない」といった状況では、時間をかけた内覧も無意味なものになってしまいます。

物件内覧での見落としを防ぐためにも、今回の記事を参考にしながら「チェックすること」を把握し、「注意点」を理解してマナーを守ったうえで物件内覧をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA