不動産会社に仲介依頼は必要?具体的なサービス内容や注意点について

マンション、一戸建てを購入するにあたり、不動産会社への仲介依頼を検討している方はいらっしゃいませんか?スムーズに不動産購入を行いたい方や、万が一のトラブルに備えて「仲介」で取引を希望する方は少なくありません。

しかし、具体的にどのようなサービスが受けられるのか、どこまで対応してもらえるか、などについては正しく把握できていない方がほとんどです。

そこで、今回は不動産会社に仲介を依頼する場合の「具体的なサービス内容」「注意点」などについて解説します。

執筆者 丹拓也執筆者 丹拓也
株式会社イエツグ代表取締役。
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士

不動産会社の仲介依頼は必要?

そもそも、不動産会社に仲介依頼をする必要はあるのでしょうか。

結論からいうと、「仲介依頼はしたほうが良い」というのが事実です。不動産会社に仲介依頼をすることは、必ずしも必須というわけではありません。売主と直接取引をするなどして、不動産会社を仲介せずに不動産を購入することもできます。

しかし、売主から直接購入すると「契約の手間」「トラブル発生時の対応の手間」など、あらゆる手間が生じてしまうため、あまりおすすめできません。

よほど信頼できる売主が取引相手であれば別ですが、なるべく不動産会社に仲介依頼したうえで不動産購入を行うことをおすすめします。

不動産会社へ「仲介依頼」をした場合のサービス内容

不動産会社へ仲介依頼をした場合、次のようなサービスが受けられます。

物件の紹介

まず挙げられるのが「物件の紹介」です。

既に、購入を検討している物件があっても、条件が似た物件を紹介してくれるといのは不動産会社のサービスの特徴です。

既に希望物件が決まっている場合は、次々に新たな物件を紹介されることに煩わしさを感じてしまうこともありますが、購入してから「別の物件にしておけばよかった」と後悔するケースは少なくありません。不動産会社は、こうした状況を回避するために独自の情報ネットワークを駆使して適切な物件を探してきてくれます。

もちろん、物件の紹介が不要であればその要旨を伝えれば新たに物件を紹介されることはありませんし、仮に紹介された物件の中に希望通りの物件があればラッキーですよね。

不動産会社に仲介依頼をする場合の、大きなメリットといえるでしょう。

売主に条件の交渉

売主に条件の交渉をしてくれるのも、不動産会社に仲介依頼をした際のサービスの一つです。

不動産を購入する際、すでに売主から金額を提示されていたり、条件が設けられていることがあります。直接売主と取引をする場合、こうした条件面の交渉は全て自分で行わなければなりません。

しかし、不動産会社に仲介を依頼することで、金額などの条件面の交渉は全て代理で進めてもらうことができます。特に、不動産に関する知識が浅い方の場合、料金や条件面で損をしてしまうリスクがあるため、専門知識が豊富な不動産会社に任せることがおすすめです。

不動産会社が売主と買主の間に立って条件を調整してくれるため、比較的希望に近い条件で不動産を購入できるでしょう。

トラブル対応

不動産購入後に、何らかのトラブルに巻き込まれてしまうケースは少なくありません。そういった場合は、不動産会社に仲介依頼をしておけば、自分の代わりにトラブル面の対応を行ってくれます。

例えば、「内見では気が付かなった設備の故障がある」「後から無理な条件を提示された」「マンションの別の入居者とトラブルになった」など、トラブルはあらゆるものが想定できます。

こうしたトラブル対応を担ってくれるのが不動産会社なのです。また、不動産会社はトラブル対応に慣れているため、最善の方法でトラブル解消を目指してくれるだけでなく、相手に直接言いにくいことも代理となって代弁してくれます。

不動産購入後も、気持ちよく過ごすためには不動産会社えの仲介依頼が必要不可欠。万が一に備えて依頼しておくことをおすすめします。

書類準備や手続きのサポート

不動産会社に仲介依頼することで、面倒な書類準備や手続きをサポートしてくれます。

不動産の購入では、必要な書類が多く、そのうえ手続きの手間も膨大です。一人で全てを対応するのは非常に大変でしょう。

しかし、不動産会社に仲介依頼をすれば、会社側で準備できる書類は代理でまとめておいてくれますし、そのうえ手続きにおける不明点などもその都度相談しながら進めていくことができます。

不動産購入の手続きは誰しも初めてですし、不慣れであるのが事実。手続きなどで不安がある場合は、不動産会社に仲介を依頼してみてはいかがでしょうか。

必要に応じた別サービスの紹介

不動産会社は、上記の対応の他にも「別サービスの紹介」を行っていることがあります。

例えば、中古物件購入者に向けた「リフォーム窓口」として、信頼できるリフォーム業者を紹介したり、もしくは会社独自で提供してるリフォームサービスを紹介するなどして、物件の紹介や手続きサポート以外のサービスも行っています。

不動産会社に仲介依頼を行う際には、対応サービスの幅広さも視野に入れて会社を選ぶと良いでしょう。

不動産会社に仲介依頼を行う注意点

不動産会社に仲介依頼を行うにあたり、いくつか注意点があります。

仲介手数料が発生する

不動産会社に仲介依頼を行う場合、「仲介手数料」として費用が発生します。

会社や購入物件などによって具体的な手数料は異なりますが、相場としては「購入物件の35%」の費用が徴収されるため注意してください。

不動産会社に仲介依頼を行う前に、まずは仲介手数料の具体的な金額について確認し、納得できたうえで依頼するようにしましょう。

レスポンスが遅い不動産会社に注意

不動産会社の中には、レスポンスの遅い会社も存在します。

万が一トラブルになってしまった場合は、スピーディーに対応することが重要ですが、レスポンスの遅い不動産会社の場合、なかなかトラブル対処へと進んでくれません。

トラブルが解決するまでに時間がかかったり、場合によっては状況が深刻化するなどして、より事態が悪化してしまうリスクがあります。

不動産会社に仲介依頼を行う場合は、レスポンスの早さをチェックし、信頼できる判断したうえで仲介依頼しましょう。

不要な対応はしっかり断る

新たに物件の紹介をされたり、その他のサービスの説明を受けたり、といった対応が不要な場合は、その要旨をきちんと伝えましょう。

不動産会社が買主のために情報収集をしたり、提案したりしている一方で、買主はそういった不要な対応が煩わしく感じてしまうことが少なくありません。

不要な対応については、しっかりと断ることがお互いにとっても必要です。

不動産会社に仲介依頼をするのがおすすめ

今回は不動産会社への仲介依頼の詳細について解説しました。

不動産購入では、個人で直接売主と取引できることがありますが、面倒な手間が多いだけでなく、万が一のトラブル対応に不安があるのが事実。個人で取引するのはあまりおすすめできないのが現状です。

そのため、不動産購入を検討している方は、仲介依頼をするのがおすすめ。専門知識を持つ機関に間に入ってもらうことで、安心して取引ができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA