不動産の仲介手数料とは何か?わかりやすく解説しました

不動産を売却、もしくは購入する際に不動産会社を通して契約した場合、不動産会社に報酬として仲介手数料を支払う必要があります。
仲介手数料は何のために支払うのか、どのくらいの金額になるのか、購入する側と売却する側のどちらが支払うのかなど、仲介手数料に関する疑問点をわかりやすく解説していきます。

執筆者 丹拓也執筆者 丹拓也
株式会社イエツグ代表取締役。
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士

仲介手数料は成功報酬

仲介手数料はいわゆる手数料なので、不動産を売却したい時に宣伝してくれたり、購入希望者を探してくれたりといった活動を行なう際の費用として支払われます。
しかし、宣伝活動を行なったら必ず手数料が発生するわけではなく、仲介手数料はあくまでも成功報酬で、売買契約が締結した際に初めて支払う義務が生じます。

仲介手数料に含まれる費用

仲介手数料に含まれる費用は、一般的な不動産サイトやチラシなどに売りたい不動産の情報を載せてもらって宣伝するためにかかる費用や、購入希望者を物件に案内して見学に立ち会う際の人件費などです。
不動産の売買にかかるすべての費用が含まれるわけではないので、特別な宣伝活動をしてもらう場合や、遠くに住む購入希望者の元へ赴いて交渉してもらう場合などは、別途費用が発生することもあります。

仲介手数料の金額

仲介手数料の金額には上限が決められていて、不動産の売却価格によっても異なります。
それぞれの上限は、

  • 売買価格が200万円以下の場合:上限は取引額の5%以内
  • 売買価格が200万円を超え400万円以下の場合:上限は取引額の4%以内
  • 売買価格が400万円を超える場合:上限は取引額の3%以内

となっており、仲介手数料を計算する際には、その不動産の200万円までの部分と200万円超え400万円の部分と、400万円を超える部分を3つに分けて計算することになります。しかし、計算が複雑になって手間がかかるため、400万円を超える物件の場合は、速算法を用いて簡単に金額を出すことができます。

速算法は400万円を超える物件に適用され、「(売買価格×3%+6万)×消費税」の式で計算されます。
たとえば、不動産の売買金額が3,000万円だったら、「(3,000万円×3%+6万)×消費税=(90万円6万円)×8%=103.68万円」となります。
売買価格の3%に6万をプラスすると、400万円以下の部分の差額を埋めることができるので、価格ごとに3つに分けた時と同じ値を出すことができるようになります。
また、この金額はあくまでも上限なので、仲介を依頼した不動産会社によって実際に支払う金額は変動します。

※消費税率は2019年1月現在のもの

仲介手数料を支払うタイミング

仲介手数料を支払うタイミングは、仲介した不動産会社によっても変わりますが、契約時や物件の引き渡し時に半分ずつ支払うのが一般的です。
仲介手数料は、不動産を売却した人、購入した人それぞれが同じ金額を支払うことになります。
間に入る不動産会社が複数になることもありますが、支払う仲介手数料は1社分のみとなりますので、不動産会社が複数になっても仲介手数料が増えることはありません。

まとめ

仲介手数料は、間に入る不動産会社によって金額が異なり、売買価格が高額になればその分仲介手数料も高くなります。
弊社では、仲介手数料が定額で売買価格によって変動しないので、高値での不動産の売買でも支払いが高額にならず安心して契約を進めることができます。
仲介手数料がネックで売買に踏み切れないと感じている方は、ぜひご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA