家を買うなら戸建てかマンションどちらにするべき?間違いのない家選びをしよう

もし、家を買うということになった場合、大きく分けて2つのことで迷ってしまうのではないでしょうか。

それが、戸建てにするのかマンションにするのかです。

家と言えば戸建てをイメージしますし、近代的でオシャレなのはマンションをイメージすることでしょう。

結果的に、迷っても迷っても結論をだすのは難しくなってしまいます。

そこで、実際に戸建てとマンションならどちらを選択するべきなのかを、考えていきましょう。

戸建てとマンションの違いを知っておこう

戸建てと言うと少し解りづらいかもしれませんが、一軒家と言うとどうでしょうか。

昔からある一軒家はとても馴染み深い建物でもあります。

対してマンションは、とても近代的でなおかつオシャレで高級なイメージをもたれる人も非常に多いのではないでしょうか。

それもあってかタワーマンション、通称「タワマン」も一躍有名になったことも記憶に新しくあります。

では、戸建て住宅とマンション、どちらを選択するべきなのでしょうか。

戸建てを選ぶメリット

戸建てを選ぶメリットはいくつかあります。

周囲の住民に気を使わなくてもいい

どんな家でもそうですが、とても気を使うこと、それが音ではないでしょうか。

家はリラックスできる場所ですが、予期せぬ音が聞こえてくると、ストレスにかわってしまいます。

戸建てということは、マンションのように上や下に他の人が住んでいるわけではありません。

例えば、木造や鉄骨造のアパート、マンションであれば、上の階に住んでいる人の足音や、話し声が聞こえてくる場合があります。

そういう音が頻繁に聞こえてくると、非常にストレスが溜まってくるのではないでしょうか。

ですが、戸建てに関して言えば、住んでいるのは自分と家族だけです。

仮に家族の誰かの物音がうるさかったとしても、注意すればすむことです。

ですから、戸建ては周囲の住民に気を使うこともありません。

庭ができる

マンションにもバルコニーというものはありますが、なかなか自由に使うことはできません。

なぜなら、緊急時の非常階段の役目もあるため、下手に改造することができません。

その点、戸建ては大小問わず庭があることが多いため、自由にカスタマイズすることができます。

好きに増改築ができる

マンションに住んでいると、増改築というのがとても難しくなっています。

なぜなら、自分の家だけ部屋を増やすということができないからです。

例えば家族が増えた場合、できれば部屋の数や面積を増やしたいと思うもの。

戸建てであれば、自分の土地範囲内なら、増改築をすることも可能です。

2階建てにできる

戸建てのメリットと言えば、2階建てや3階建てなどにできることではないでしょうか。

限られた土地で、1階部分と同じ広さの容積を確保できるというわけです。

また、2階建てにすることで、プライバシーを守ってくれるという特徴があります。

どうしても1階ですと、場所によっては通行人から家のなかを見られてしまう可能性があります。

ですが、2階であればよっぽどのことがない限り、覗き見をされるということが減ります。

建物が古くなっても土地の資産を残せる

もし、建物が古くなりすぎて価値がなくなってしまったとしたらどうでしょうか。

戸建ては基本的に、土地もおなじ所有者ということがほとんどです。

つまり、建物の価値がなくなったとしても土地の価値は下がりにくいということです。

駐車場代が不要

もし車をお持ちであれば、毎月発生するであろう駐車場代。

地方であれば数千円で済みますが、都会にいけばいくほど、3万円、4万円ととてつもなく高くなってしまいます。

ヘタしたら家賃並みに高くなることもあるため、かなりの負担になることも。

ですが戸建てであれば、駐車場代が一切かからないというメリットがあります。

マンションを選ぶメリット

マンション メリット

対して、マンションを選ぶメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

セキュリティ面で優れている

マンションを選ぶメリットと言えば、セキュリティ面でかなり優れているということではないでしょうか。

なぜなら、1階玄関部分はオートロックというケースが多いですし、鍵1つで戸締りができてしまいます。

また、上層階になればなるほど、外部からの侵入が難しくなるというメリットがあります。

マンションによっては1階に管理者が常駐しているケースも多いため、セキュリティ面ででは何かと安心できるのではないでしょうか。

害虫がでにくい

虫がとても苦手、という人は非常に多いのではないでしょうか。

暖かくなるとでてくるあのイヤな黒い物体や、見たことのない虫がでたりすると、背筋が凍るほどの怖さがあるものです。

戸建てであれば、基本的に地面とつながっているため、害虫が侵入しやすいという傾向があります。

対してマンションであれば、やはり上層階になればなるほど虫が行き来できなくなってしまいます。

建物の管理を代行してくれる

戸建てに住むと、庭や玄関など周辺まで定期的に掃除をしなければなりません。

普段仕事をしていたり、家事や子育てに追われていると、どうしてもおろそかになってしまうものです。

マンションの場合は、エントランスや各フロアの通路など管理会社が清掃をしてくれるため、戸建てよりも楽ができます。

24時間ゴミ出し可能

基本的には、どこでもゴミ出しの日や時間というものが決められています。

月曜は燃えるゴミ、水曜はプラスチックなど。

しかし、日にちが決められていると気になるのが生ごみの処理。

特に真夏になると、生ゴミもすくに腐ってしまいますし、ニオイも強烈です。

また、その腐敗した生ゴミが、害虫を引き寄せる原因にもなってしまいます。

対してマンションでは、24時間ゴミ出し可能なところが増えてきました。

つまり、いつどのタイミングでゴミをだしたとしても、だれからも注意されないということです。

こまめにゴミをだすことで、害虫もよりつかなくなります。

コミュニティがつくりやすい

戸建てで、お隣同士くらいであれば何らかのコミュニティはあるはずです。

しかし、それ以上のコミュニティを作るのは難しいといえます。

マンションに関して言えば隣はもちろん、建物に住んでいる大勢の人たちとコミュニティを作れてしまいます。

特に、ファミリータイプのマンションであれば、子供もいて世代も同じの人達が住んでいることが多いです。

つまり、子供同士が仲良くなったり、子供経由で親同士が仲良くなったりというケースがあります。

高齢者でも住みやすい

実はマンションは、高齢者でも住みやすいということをご存知でしたでしょうか。

戸建てであれば、段差や階段があるケースも多いです。

特に2階に階段を使ってのぼるというのは、高齢者からすればとても大変なこと。

マンションであれば、基本的に共用部分はエレベーターが設置されていますし、室内もフラットというメリットがあります。

つまり、段差がないため高齢者にとってもマンションは暮らしやすいというわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

戸建てもマンションも、どちらが優れているのかというのは非常に難しいところではないでしょうか。

それは、自分自身が理想とすることや、家族が思い描いていることは、各家庭によって違うからです。

ですから、どちらが良いのかを家族でしっかり話し合い、後悔のない家選びをするようにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA