マンションを買うのか賃貸にするのかどちらがおすすめ?不動産のプロが真実を語る

人生でとてつもなく大きな買い物言えば、家を買うことではないでしょうか。

車を買うのにもかなり悩んだはずなのに、家になるとさらに悩む。

金額が金額だけに、慎重にならざるをえません。

ですからいろんなリスクも考えて、実際にマンションを買うべきなのか、そのまま賃貸に住み続けるべきなかを、考えたこともあるはずです。

そこで、今回はマンションを買うべきなのか、もしくは賃貸のまま住み続けるべきなのかを考えていきましょう。

マンションを買うメリット

引越しを考える際に、マンションを買うべきか、今まで通り賃貸マンションを選択するべきかを、非常に迷われるのではないでしょうか。

でも、正直思い切ってマンションを買いたい気持ちもあるし、金額が金額だけに、賃貸マンションでも良いかな、と思ってしまう。

そこで、まずはマンションを買うメリットについて見ていきましょう。

マイホームを手に入れたことによる達成感

マンションを購入するメリットと言えば、マイホームを手に入れたという、達成感を味わえることではないでしょうか。

とくに家庭をもっている人であれば、マイホームを手に入れるのは夢でもあるはずです。

なぜなら、人生でいちばん高い買い物だからです。

また、家族全員が幸せにストレスなく、そして楽しく暮らすためにマイホームは必要なことではないでしょうか。

賃貸とは違い部屋を自由にできる

もし、賃貸マンションであれば、部屋を自由にすることができなくてガッカリした人もおおいことでしょう。

それはどういうことか。

例えば、壁にポスターを貼り付けたいがために、画びょうで壁に穴をあける。

頑丈な棚を取り付けたいから、壁にクギをさしたい。

自分の部屋ということもあり、オシャレにしたいですし、利便性を高めたいと思うものです。

しかし、賃貸と言えどもマンションの持ち主は自分ではありません。

部屋の壁に穴を開けたり壊したりすると、退去するときに原状回復費用を高くとられてしまう場合があります。

退去するということは、また引越しするということ。

つまり引っ越し費用がかかるのに、原状回復費用でさらにお金を取られると、とても痛いのではないでしょうか。

ですが、マンションを買うとそんな悲惨な目にはあいません。

なぜなら、マンションを買うと自分のものになるからです。

壁に穴をあけようが、クギを打とうが関係ありません。

マンションを買うことで、家全体を好きにカスタマイズできるというメリットがあります。

団体信用生命保険に加入できる

マンションを買うと、団体信用生命保険に加入できるということをご存知でしたでしょうか。

例えば、賃貸マンションに家族で住んでいて、大黒柱の夫に、万が一のことがあった場合どうでしょうか。

万が一のことというのは、夫が亡くなってしまったり、高度障害になってしまった場合など。

もちろん、そんな状況になると生活していくこともできなくなってしまいます。

当然、賃貸マンションの家賃も誰かが変わりに支払うか、退去という選択肢を取らなければなりません。

ですが、マンションを買うと団体信用生命保険に加入できるというメリットがあります。

この団体信用生命保険とは、万が一のことがあった場合、残された家族に対して、代わりにローンを肩代わりしてくれることをいいます。

もし、この保険がないと、残された家族には重い重いローンだけがのしかかってしまいます。

そんなことにならないために、この団体信用生命保険があるというわけです。

マンションは資産になる

もし賃貸マンションに住む場合、家賃を支払っている以上は自分の住処ではあります。

しかし、賃貸ゆえに自分のものではありません。

引越してしまえば、もう他人のものになってしまいます。

ですが、マンションを購入した場合はどうでしょうか。

マンションを購入するということは、その家自体は自分の持ち物です。

つまり、マンションが資産になるということです。

もちろん家族に資産を残すことだってできますし、不測の事態が起きたとしても、マンションを売却してお金にかえることもできます。

ローン完済後は安泰した暮らしを

賃貸マンションは年齢も性別も関係なく、住むだけで必ず毎月の家賃は発生してしまいます。

極端な話、自分自身が90歳になろうが100歳になろうがです。

ですが、マンションを購入すれば、いずれはローンの支払いが終わります。

つまり、ローンを完済することで毎月でていくお金が大きく減るため、生活が楽になります。

その分、今まで以上に趣味にあてたり、好きなものを食べたりすることもできるようになるでしょう。

賃貸マンションにするメリット

では、対して賃貸マンションに住み続けるメリットはどんなことがあるのでしょうか。

いつでも好きな時に引越しができる

賃貸マンションの最大のメリットと言えば、いつでもどこでも好きなときに引越しできることではないでしょうか。

実際に、家というものは住んでみないと解らないこともたくさんあります。

周囲の環境やご近所さんのことなど。

本当に環境が良くて近所づきあいも満足いくようなものであれば何も苦労はしません。

例えば、近所の住人が夜中に騒音を発したり、周辺の治安が悪かったりすると、すぐにでも引っ越したい、なんて思うことでしょう。

会社から転勤命令がくだったときでも、賃貸であれば気軽に引越しできます。

その他にも、今の家に住み慣れたり、狭いと感じたときも同様に新しい家に住み替えることができます。

もし、マンションや一軒家を買ってしまった場合だとどうでしょうか。

結果的に賃貸のように、気軽に引っ越すことは難しくなってしまいます。

住宅ローンを支払わなくていい

賃貸マンションに住むためには、毎月家賃を支払う必要があります。

もし、住んでいる場所が高いなと感じたときには、引越して安い賃貸マンションに住むことだってできます。

もちろん、そうすることで月7万円支払っていた家賃を、月4万円台に抑えることも可能。

家賃の支払い者が、ずっと同じ給料ではない可能性だってありえます。

もしかしたら、病気で仕事ができなくなってしまい、家賃が払えないなんてことにも。

そんなときに臨機応変に対応できるのが、賃貸マンションというわけです。

修繕費がかからない

賃貸マンションに長らく住んでいると、家のどこかに異常をきたしてしまうことがあります。

例えば、エアコンや給湯器が勝手に壊れたとしましょう。

持ち家であれば、エアコンだろうが給湯器だろうが、持ち主は自分のため修繕費を払わなくてはなりません。

対して賃貸マンションの場合、ほとんどのケースで修繕費を貸主に請求することができます。

しかし、絶対にすべてがそうなるとは限りません。

もちろんそうなった場合は、契約書や重要事項説明書を確認するようにしましょう。

まとめ

マンションを購入するのか、そのまま賃貸マンションに住み続けるのか。

本当に人生で最大の究極の選択ではないでしょうか。

簡単にだせるような金額であれば、そう迷うことはありません。

金額が金額だけに、迷ってしまうのも無理はありません。

もちろん、ずっと一人暮らしであれば、賃貸マンションでもいいかもしれません。

ですが、家族のため、将来のためを考えてマンションを購入することを前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA