中古マンションを購入するときに建て替えを想定しておかなければならない理由

ようやく家を買うお金が貯まり、新築一戸建てにするべきか、中古マンションにするべきかを迷う人は非常に多いのではないでしょうか。

でも新築一戸建てよりも、わりかしリーズナブルにしたいとお考えなら、中古マンションを選択するはずです。

しかしいざ、中古マンションを購入しようと思ったときに、いろいろ気をつけなければならないことがあります。

それが、中古マンションの建て替えです。

ここでは、中古マンションを購入するときに、なぜ建て替えを気にしなければならないのかを考えていきましょう。

新築よりも中古マンションを選ぶ理由

家を購入するとなれば、新築一戸建やマンションをイメージしてしまうのではないでしょうか。

新築と名がつく以上は、何もかも新しいため、過去に誰も住んでいないというメリットがあります。

賃貸マンションであれば、過去に誰かが住んでいたため、ところどころに傷があったりへこみがあったり。

それが新築では一切ないということです。

ただし、その分新築のため、割高になってしまうというデメリットがあります。

中古マンションは新築よりも安く購入できる

中古と言うと、どうしても響きが悪くなってしまうのは事実です。

なぜなら、過去に誰かが住んでいたから。

しかし、中古マンションだからこそ、大きなメリットもあるというわけです。

それが、新築よりも安く購入できるということです。

家を購入する場合、少なくとも何千万円もするため、少しでも安くしたいとお考えであれば、中古マンションはベストな選択肢と言えるでしょう。

すでにあるものだから街で選ぶことができる

もし、新築を購入しようとなると、土地などの場所から探さなければなりません。

それはとても手間ですし、なにより知らない場所ですととっても不安になることでしょう。

対して中古マンションは、もとからそこに建っているため、土地を探すというよりも街を探すという感覚に近いです。

また、中古マンションということは、ある程度の年月が経過しているため、周りの環境も良いほうに変化しているというメリットがあります。

例えば、近くに駅があったり、商業施設があったり。

つまり、交通の便がとてもよく住みやすい環境の可能性が高いということです。

中古マンションでもリノベーションで新築同様に

みなさんはリノベーションという言葉をご存知でしたでしょうか?

リフォームは聞いたことがあるが、リノベーションは聞いたことがない、という人も多いはずです。

どちらも明確な違いはありませんが、リノベーションとは、今ある家を家族の好みやライフスタイルに合わせて作り変えることを表します。

対してリフォームとは、クロスの張替えや増改築を含む、大規模な工事のことを表します。

つまり、中古マンションを購入してリノベーションすれば、新築同様に生まれ変わることができる、というわけです。

中古マンションは古くなれば建て替えが待っている

なんでもそうですが、モノが古くなるといずれは寿命がきてしまいます。

寿命がくれば、モノ自体も利用することが難しくなります。

それはマンションにも同じことがいえます。

築年数が古ければ古いほど、あちこちにガタがきてしまい、住人たちの生活が難しくなってしまいます。

そうなってしまうと、マンションを建て替えするか、修繕するかの二通りしかありません。

もし、建て替えをするのであれば、今住んでいるマンションには一時的に住めなくなってしまいます。

また、修繕という選択肢になっても、いずれは建て替えをしなければなりません。

マンションの築年数は気にしておこう

中古マンションを購入したいと思っても、建て替えのことが気になってしまうはず。

マンションの建てた時期や場所、環境にもよりますが、国土交通省では築60年くらいが建て替えの基準と言われています。

もちろんマンションが新しければ新しいほど、建て替えの心配はないということです。

しかし、マンションが普及しだしたのは1970年頃。

つまり、いちばん古いマンションでも40年くらいしか経っていないという現状です。

ですから、ほとんどのマンションでは建て替えと言う実績がまだまだ不足しているというわけです。

よっぽど古いマンションではないかぎり、建て替えに遭遇する機会は少ないのではないでしょうか。

マンションの建て替え費用は住人も負担する

実は、マンションの建て替え時には住民が費用を負担しないといけない、ということをご存知でしたでしょうか。

もちろん、場所や資産価値にもよりますが、だいたい1,000万円~1,400万円ほど見積っておくべきです。

この費用には、建て替え費用はもちろん、引越し費用や別な家に住む賃貸料も含んでいます。

もし、とんでもなく古いマンションを購入する際には、これらの建て替え費用も検討しておかなければなりません。

また、他の住民が建て替えに反対することが予想されるため、実行されないことも多々あります。

中古マンションの建て替えではなく売ることも考える

では、中古マンションの寿命がきたら建て替えをしないといけないのか、というとそうではありません。

その他にも選択肢はあります。

それが中古マンションの売却です。

ですが、適当にマンションを売却すると金額が金額だけに、大きく損をしてしまう可能性があるため、慎重に進まなければなりません。

時間がないからと言って慌てて売却しない

なんでもそうですが、慌ててモノを売ってしまうと、安く買いたたかれることがあります。

つまり、売り急ぎです。

もしマンションを売却したいとなっても、その日のうちに売れるものではありません。

マンションの売買活動から引き渡しまで、早くても3カ月から半年程度はかかってしまうもの。

これくらいの余裕をもっておけば、売り急ぎをすることもありませんし、満足のいくマンション売却ができるのではないでしょうか。

売却が苦手な不動産屋にお願いしないこと

不動産といっても、それぞれ得意分野というものがあります。

とくにマンションの売却になれば、確認事項が多岐にわたるため、苦手とする不動産屋も存在します。

もし、中古マンションを少しでも高く、そしてスムーズに売却したいのであれば、売却も得意な不動産屋にお願いするようにしましょう。

部屋はキレイにしておくこと

新しく住む家は、どういう家なのかをだれでも絶対に気にすることでしょう。

ですから、マンション売却をするのであれば、近いうちに内覧というものが発生します。

内覧と言うのは、マンションを買いたい人が実際に家のなかを見にくることを表します。

なぜ内覧が必要なのか。

それは、見てもいないマンションは誰も買おうと思わないからです。

足を運んで、初めてマンションを見て購入するかどうかを検討するわけです。

つまり、部屋が散らかっていたり汚れていたりすると、確実に印象が悪くなってしまいます。

ですから、可能な限り家にあるものは移動するか処分して、少しでもキレイに見せるようにしましょう。

まとめ

中古マンションの歴史はまだまだ浅いため、なかなか建て替えというところに遭遇することは少ないかもしれません。

しかし、建て替えそのものが高額な費用が発生したり、仮住まいを探さないといけないというデメリットがあります。

ですから、建て替えるくらいであれば、マンションを売却して少しでも高く買取ってもらってみてはいかがでしょうか。