不動産媒介契約とは?契約の概要と必要書類について

「不動産媒介契約」をご存知ですか?

不動産会社と取引を行う上で重要な契約であり、詳細を知らずに契約を結んでしまうとトラブルになってしまうことがあります。そこで、今回は不動産媒介契約の概要や、締結時の必要書類について解説。

現在、マンションや一戸建ての購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産媒介契約とは

まずは、不動産媒介契約とは何なのか、概要についてご紹介します。

不動産取引に関する契約

不動産媒介契約とは、売買や交換、貸借などの取引の際に、不動産会社と交わされる契約です。売主、買主共に不動産会社と交わす契約で、依頼関係や依頼内容、条件などが明確に記されています。

不動産媒介契約の種類は3つ

不動産媒介契約には、3つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

【一般媒介契約】

一般媒介契約とは、同時に複数の不動産会社と媒介契約を締結することができる契約です。また、不動産会社に限らず、自身で見つけた売主との直接契約も可能。制限が厳しくなく、一度に不動産会社を比較したり、同時進行であらゆる不動産会社から情報提供してもらったりすることができます。
ただし、最終的には一つの不動産会社に決定しなければならないため、いずれかのタイミングでどの不動産会社を選ぶか検討する必要があります。
この時の判断材料となるのが「自身の希望に合った情報提供」の有無です。魅力的な物件除法を得られたか、最終的に購入を希望するまでに至ったかなどで、不動産会社を選ぶことが多いです。

【専任媒介契約】

専任媒介契約は、一般媒介契約のように同時に媒介契約を締結することができません。契約先は必ず一社となります。そのため、契約の段階で「本当に信頼できるか」「契約しても問題がないか」を慎重に見極める必要があります。
尚、自分で売主を見つけた場合は、その売主と直接契約することができるため、必ずしも不動産会社を仲介する必要はありません。

【専属専任媒介契約】

専属専任媒介契約は、上述した専任媒介契約同様に一社のみの契約となります。そのうえ、自身で売主を見つけても必ず不動産会社を仲介しなければならず、売主との直接的な契約はできません。

上記の通り、不動産媒介契約には3種類があり、それぞれ特徴が大きくことなります。契約前に、自身が該当するものをよく見極めたうえで契約を検討しましょう。

不動産媒介契約の必要書類

不動産媒介契約では、いくつか必要書類があります。書類不備で時間がかかったり、手間を増やしたりしないためにも事前に把握しておきましょう。

身分証明書

まず、必要書類として挙げられるのが「身分証明書」です。
免許証やパスポート、住民基本台帳などを準備してください。不動産会社に一度提出する必要がありますが、事前に自身でコピーをとっておくなどの対応は必要ありません。

登記済権利証(もしくは登記識別情報通知書)

登記済権利証もしくは登記識別情報通知書の準備も必要です。これらも身分証明書の一つとして提示します。
上記同様に、事前にコピーをとっておく必要はありません。不動産会社を利用する際に提示するだけです。

あると良いもの

不動産媒介契約で必須ではないものの、「あると良いもの」があります。

・ローン残高が分かる書類
・管理費の金額が分かる書類
・間取り図面
・固定資産税の詳細が分かる書類
・都市計画税の詳細が分かる書類

上記は、一戸建て・マンション共にあると良い書類です。必要に応じて、書類を確認しながら相談することができます。
また、マンションの場合は以下2つの書類を準備しておくこともおすすめします。

・修繕積立金の詳細が分かる書類(マンション)
・管理規約・使用細則(マンション)

契約前の最終確認のためにも、必要書類と一緒に準備しておくと安心です。
また、不明点などがあれば、書類があれば明確に自分の疑問を説明しやすいもの。可能な範囲で揃えておきましょう。

不動産媒介契約前にチェックすること

不動産媒介契約前にいくつかチェックすることがあります。まずは、次を参考にしてみてください。

仲介業務に関する内容を確認する

不動産媒介契約を交わす前に、そもそもどのような仲介業務を担ってくれるのかをよく確認しましょう。

担当者が口頭で説明してくれますが、しっかりと契約書に目を通し、担当者の説明と相違ないか確認しなければなりません。うっかり確認を忘れてしまうとトラブルに陥ってしまう可能性があるため注意が必要です。
また、不明点はそのままにせず、その都度きちんと質問して疑問を解消しておきましょう。

希望条件をしっかりと説明する

不動産を購入するにあたり、どのような条件を希望しているのかをきちんと担当者に説明しましょう。

曖昧な状態のままでいると、なかなか手続きが進行しない、担当者との間で誤解が生じてしまう可能性もあります。仮に、担当者と買主の間で誤解や認識のズレが生じたまま話が進んでしまった場合、取り返しのつかない事態に発展してしまうことがあるのです。
そのため、希望条件はしっかりと説明し、必要に応じて「書面にするなど」して担当者と認識のズレが無いように工夫してみてください。

手数料を確認する

不動産媒介契約を行う場合は、「手数料」が徴収されます。このとき、いくら請求されるのかをよく確認しておかないと、あとになって「こんなに徴収されるとは…」と慌てることになってしまいます。
場合によっては、予算オーバーになってしまうこともあるため、契約を締結する前に確認しておくことが大切です。

また、手数料の金額だけではなく、手数料の支払時期についても確認しておきましょう。基本的に手数料は、物件の引き渡し直前に支払うのが一般的。そのため、引き渡し期日について確認しておくことをおすすめします。

信頼できる不動産会社と契約を締結する

不動産媒介契約を締結する際には、必ず信頼できる不動産会社と締結することが大切です。
不動産は「購入して終わり」というものではありません、必要があれば何らかの対応を依頼したり、相談したりすることがあり、購入後も付き合いが続く関係です。

不誠実な不動産会社と契約を締結してしまうと、何年も関係を続けていくにあたって「誠実に対応してもらえないことによる不審感」「対応が遅いことによるストレス」など、精神的な負担が生じてしまうことが考えられます。

不動産会社を選ぶ段階で慎重に見極め、担当者の様子をしっかりと観察することが大切です。

不動産媒介契約では必要書類を揃えておきましょう

今回は、不動産媒介契約の概要や必要書類などについて解説しました。

不動産媒介契約には3つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。そのうえ、制限が設けられているものもあるため、契約前にきちんと確認しておかなければなりません。

また、不動産媒介契約をスムーズに締結するためには、必要書類をあらかじめ把握し、計画的に準備することが大切です。現在、マンションや一戸建ての購入を検討している方は、本ページを参考にしながら、不動産媒介契約を進めていきましょう。