資金計画の注意点は?マイホーム購入を失敗しないための計画ポイント

「資金計画ってどのように立てるのが正解?」「資金計画で注意することはある?」など、初めてのマイホーム計画で、資金計画に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
資金計画はマイホームを購入するにあたって、最も重要なポイントと言っても過言ではありません。
人生で最も大きな買い物というほどですから、経済面は綿密に計画することが大切です。
そこで、本ページでは「資金計画の注意点」について解説します。

執筆者 丹拓也執筆者 丹拓也
株式会社イエツグ代表取締役。
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士

資金計画とは

家づくりにおける「資金計画」とは、資金の調達から返済完了までの一連のお金の動きを計画することです。
誤解されやすいのですが、実は資金計画は「予算立て」だけではありません。
返済のための資金の調達と、返済完了までの具体的なスケジュールなども資金計画の一部です。
そのため、資金計画はじっくりと時間をかけて行うのはもちろんのこと、細かく綿密に計画を立てることが重要といえます。
しかし、資金計画は非常に細かい作業。
途中で面倒になってしまいどんぶり勘定感覚で資金計画を進めてしまう方がいらっしゃいます。
このような資金計画の立て方は、後々の返済で行き詰ってしまったり、そもそも住宅ローンが承認されないなど、様々な壁に突き当たってしまうことになるでしょう。
雑な資金計画は、自らの首を絞めることにもなりかねません。
注意深く現状と照らし合わせながら資金計画を立てることが大切です。

資金計画の立て方

資金計画は、注意点だけではなく「立て方」についても正しく理解しておかなければなりません。
まずは、資金計画の立て方について見ていきましょう。

まずは現時点と将来の収支を明確にする

資金計画の第一歩目は、現時点と将来の収支を明確にすることです。
「現時点でどれくらいの収入があるのか」「今後収入が上がる見込みはあるのか」「子供のライフイベントでお金がかかることはあるか」など、収支を明確にすることで、マイホーム購入で返済できる費用感が分かりやすくなります。
このとき、注意するのは「ライフイベントやライフスタイルの変化に伴う収支を忘れない」というものです。
例えば「車を買う」「手術の予定がある」「〇年後は収入やボーナスがアップする」「児童手当など、国からの援助が終了する」など、収支でチェックする部分はあらゆるポイントに潜んでいます。
現時点で想定できる収支の変動も視野に入れたうえで、資金計画をスタートしましょう。

月々に返済できるローン費用をシミュレーションする

月々に返済できる「住宅ローンの費用」をシミュレーションしてみましょう。
例えば、「今の収入であれば月々〇万円までなら返済できる」「仮に収入が下がっても月々〇万円の返済であれば問題ない」など、それぞれの事情と照らし合わせたうえで月々の返済をシミュレーションしてみましょう。
ただし、このとき「万が一のイレギュラーな問題」も視野に入れてシミュレーションすることが大切です。
「転職」「転勤」「配偶者の退職」など、イレギュラーな問題は様々なものが挙げられるでしょう。
可能性のあるものを想定し、無理のない返済をシミュレーションしてみてください。

返済期間と照らし合わせる

上記の返済額と、返済期間を照らし合わせてみましょう。
「自身が何歳まで支払い続けるのか」という点は、資金計画において重要な部分です。
例えば「定年まで」「80歳まで」など、各家庭によって返済期間はさまざま。
「いつまでに住宅ローンの支払いを完了したいか」を考えてみましょう。
そして、月々の返済額と照らし合わせて、金額と期間をそれぞれ調整します。
月々の返済額が高くなってしまう場合は返済期間を延ばすなどして、細かく調整していきましょう。

諸費用についてシミュレーションする

諸費用についてもシミュレーションしておきましょう。
マイホーム購入における諸費用は様々なものがあり、「登記費用」「引っ越し費用」「仮住まいの費用」「新調する家具家電の費用」「住宅ローンの利息」などが該当します。
とくに、金額が大きい諸費用に関しては、計画に組み込むのを忘れてしまうと、想定外の出費となり、家計の大きな負担になってしまう可能性があります。
最悪の場合は赤字といった状態に陥ってしまうことも考えられるでしょう。
また、諸費用は各家庭項目も費用も大きくことなります。
マイホームの他に何にお金がかかるのかをきちんと確認し、資金計画に取り入れましょう。

予算を設定する

上記の工程を踏んだら、具体的な予算を設定しましょう。
月々の返済額・返済期間・諸費用を加味し、適切な予算を設定することが大切です。
マイホームのための資金計画の場合、予算は数千万円と非常に高額である場合がほとんど。
ここで、どんぶり勘定で予算を設定したり、返済が難しい金額を予算として設定したりすると、返済が滞ってしまう原因になってしまいます。
また、融資を断られる可能性もあり、「マイホームが購入できない!」という事態に陥ってしまうかもしれません。
予算はあくまでも「可能な範囲」で設定することが大切。
現時点の家計に大きな影響が出ないよう考慮して予算を設定してください。

希望の住まいの費用と予算を照らし合わせる

希望の住まいの費用と予算を照らし合わせてみましょう。
すでに購入を検討している物件があれば、予算と照らし合わせてみてください。
予算内であれば問題はありませんが、仮に予算オーバーの場合は「予算を増やす」もしくは「設備のグレードを下げて値段も下げる」といった対応が必要となります。
仮に予算を増やす場合は「どの程度までであれば生活に支障がないか」を考えながら、予算の調整を行いましょう。
また、これから住まいづくりを始める方は、不動産会社に見積もりを作成してもらうことで、予算と照らし合わせることができます。

資金計画の注意点

資金計画にはいくつか注意点があります。
ここからは、マイホーム購入において失敗の原因になりやすい「注意点」についてご紹介します。

「返済期間の設定」は慎重に

資金計画における注意点の一つが「返済期間の設定」です。
返済期間は、しっかりと将来を見据えて設定することが大切。
とくに、定年後も返済しなければならないスケジュールの場合、どのように資金調達するのかをシミュレーションしておかなければなりません。
年金の他、貯蓄や退職金、その他臨時収入など、期待できる調達手段があるか確認しておきましょう。
また、逆に返済期間が短すぎる場合は、その分月々の返済額が高額になってしまいます。
月々の収支と照らし合わせて、無理のない返済が可能かを確認しておきましょう。

ボーナスや臨時収入の利用も検討する

ボーナスや臨時収入の利用も検討してみてください。
定期的に大きな収入となる「ボーナス」は、繰り上げ返済でぜひ利用してほしいもの。
返済期間を短くすることができるため、ローン返済の負担が軽減します。
また、副業などの臨時収入も住宅ローンの返済として利用することがおすすめ。
返済期間が短くなることで、利息も減らすことができ、全体的に大幅なコストカットを実現できます。
定期的にボーナスがある方や、臨時収入が期待できる方は、積極的に資金計画に取り込んでおきましょう。

返済期間中も定期的に返済計画を見直す

返済期間中も定期的に返済計画を見直しておきましょう。
返済がスタートしたら資金計画は完了、というわけではありません。
ライフスタイルの変化や、ライフイベントなどで、「資金計画を立てた当時」と状況が異なっていることが少なくありません。
中には毎年家庭の状況が変化していることもあります。
状況によっては、月々の返済額の調整が必要であったり、もしくは住宅ローンの残金の支払い方法を変更するといった対応が適している場合があります。
当初の資金計画が10年後も20年後も適しているとは限りません。
場合によっては損してしまうこともあるため注意が必要です。
1~3年に1回を目安に返済計画を注意深く見直してみてください。

「諸費用」の存在を忘れない

「諸費用」の存在を忘れないよう注意してください。
資金計画では「住宅費用」「工事費用」などに意識が向いてしまいがちです。
確かに、マイホームは「住宅費用」と「工事費用」が内訳の大部分を占めています。
しかし、細かい諸費用も「塵が積もれば山となる」で、それぞれが集まると大きな金額になってしまものです。
とくに、「仲介手数料」「登記費用」「利息」は高額であるため、絶対に忘れないよう注意してください。

資金計画を立てる前に確認するとよいこと

「資金計画を立てる前に確認しておくと良いこと」について見ていきましょう。

援助の有無や具体的な金額

まずは「援助」の有無や、援助を受けられる場合の具体的な「金額」について確認しておきましょう。
援助は貴重な資金調達手段。
両親や親戚などから援助が受けられそうであれば、資金計画に組み込んでおくようにしましょう。

家づくりで「妥協できるポイント」と「できないポイント」

家づくりで「妥協できるポイント」と「妥協できないポイント」を確認しましょう。
設備のグレードは、マイホームの購入費用を大きく左右するもの。
妥協できるポイントはグレードを下げることで、費用を抑えやすくなります。
予算オーバーになってしまった場合の対処法としても有効であるため、ぜひ妥協可否のポイントは家族で共有しておきましょう。

資金計画の注意点を理解してからマイホーム購入を

今回は「資金計画の注意点」について解説しました。
一般人にとって、マイホームは人生で最も大きな買い物です。
だからこそ、資金計画は慎重に行い、注意深く精査することが大切。
ぜひ、マイホームの購入を検討している方は、本ページを参考にしながら資金計画を進めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA