IT重説

重要事項説明」は、不動産売買における重要な手続きのひとつです。

重要事項説明書とは?不動産売買で確認しておきたい10のチェックリスト

不動産取引において、インターネットのテレビ電話を通じた非対面での「IT重説」の運用が2017年10月より開始しています。これまでのように、長い重要事項説明を受けるため、不動産会社まで出向く必要が無くなりました

現状、不動産売買のIT重説については実験段階中。しかし弊社イエツグは、国土交通省に定められた実験事業者の1社として、すでに売買の現場にIT重説を導入をしております。

インターネット通話を利用したIT重説は、便利な一方、直接対面の重要事項説明にはないデメリットも抱えています。

IT重説の疑問点
  • ご自身の不動産取引に活用できるのか?
  • 対象となる物件は?
  • IT重説の準備は?

こちらにまとめたIT重説に関する全知識を参考に、これらの疑問を解消していきましょう!



IT重説のやり方

そもそもIT重説って何?どうしたらいいの?という基本的な疑問にお答えする記事はこちら!

「IT重説」のやり方は?IT重説実験事業者がわかりやすく解説

IT重説を活用した売買契約の流れを社会実験登録事業者であるプロが分かりやすく解説!

IT重説のメリット・デメリット

IT重説は便利な一方、ちょっと複雑な面もあります
IT重説の利用をお悩みの方向け、メリットとデメリットを包み隠さず紹介します。

【IT重説まとめ】対応物件の探し方・やり方・デメリットをまるっと解決!

不動産売買の「IT重説」のデメリットとは?実験事業者だからわかる注意点と対策

「IT重説」はコロナ時代に最適!IT重説実験事業者がそのメリットと注意点を解説

IT重説を活用した取引

具体的にIT重説の活用方法もこちらでご紹介。
より深くIT重説を知ることで、活用するイメージが作りやすくなるでしょう

【IT重説まとめ】対応物件の探し方・やり方・デメリットをまるっと解決!

不動産売買におけるIT重説の対応物件の見分け方と探し方とは?

IT重説がはじまると売買契約はどう変わる?社会実験の内容についてプロがわかりやすく解説!

IT重説の利用相談はイエツグまで



弊社イエツグは、IT重説の社会実験開始当初から参加した59の登録事業者のひとつ。どこよりも早く、どこよりも積極的に、お客様が不動産取引をしやすい環境づくりに取り組んでまいりました

新型コロナウイルス感染拡大防止の面からも、対面不要のIT重説は非常にメリットが大きい手続き方法です。IT重説にご興味がございましたら、ぜひ弊社までご相談ください。

執筆者 丹拓也
執筆者 丹拓也株式会社イエツグ代表取締役
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士