市況・住宅ローン速報

不動産の相場はさまざまな要因が影響し、日々刻々と変化しています。

特に昨今では新型コロナウイルスが市場に大きな影響を与えており、従来とは異なる市場の動きが発生。それにともない、住宅ローンの金利も大きな動きを見せています

価値の高い不動産売買のためには、市況の変化の見極めが非常に重要。
以下の記事を参考に、中古住宅マーケットや住宅ローン金利の動きを見極め満足できる不動産売買を目指しましょう!



中古住宅マーケット速報

新型コロナは中古住宅マーケットにも大きな影響を与えています

2021年にかけては中古市場の需要が高まる見込み。好条件で売買するためにも、市況の動きを見極めておきましょう

「不動産バブル」到来か?2020年10月首都圏中古住宅マーケット速報

成約数増加・在庫数減少で2021年は不動産の売り時到来か?【2020年9月首都圏中古住宅マーケット速報】

コロナ禍の住み替えで月々の負担は減らせるのか?中古住宅マーケット速報

【2020年上期マーケット情報から見る】2020年後半の首都圏中古住宅流通予測

住宅ローン金利速報

住宅ローン金利は、市場の動きに敏感に反応

毎月のように変化を見せるため、市況と同様に細やかなチェックが求められます。

【最新住宅ローン金利毎月更新】アフターコロナで今後どうなる?マイホームの買い時は?

【2020年11月住宅ローン金利速報】変化があった金利タイプは?今後はどうなる?

みんなの住宅ローン選択は?【2020年9月発表!住宅ローン実態調査】

【2020年10月住宅ローン金利】固定金利と変動金利の両方で大きな変化が

【2020年9月住宅ローン金利】「固定期間選択型」の金利が過去最低の値に

【2020年8月住宅ローン金利】金利水準に大きな変化はなし!コロナ禍で人気の住宅ローンは?

【2020年7月住宅ローン金利】コロナの影響は?今後はどう推移する?

不動産ニュース

昨今では新型コロナウイルス感染拡大の影響により、不動産売却を検討したり、宅ローンを見直したりする所有者が増えています

また、こんなご時世ではなかなか買い時・売り時の判断をするのも難しいもの。withコロナ時代も安心して暮らせるよう、以下の不動産ニュースを参考に住まいのことを考えてみましょう。

【2021年税制改正】住宅ローン控除「40㎡以上」に対象拡大か?!

住宅ローン控除「特例」2年延長が決定か?「2022年末までの入居」が対象で調整

「残価設定型」の住宅ローンとは?家が車のように買える時代がやってくる

2021年に住宅ローン控除の拡充や新たなポイント制度が開始されるかも?内容や背景を解説

失業時に住宅ローンの返済が免除!三井住友信託銀行が新たな仕組みを導入

【2021年】withコロナ時代の首都圏不動産の買い時はいつか?

重要事項説明における「水害リスクの説明義務化」で不動産売買はどう変わる?

コロナで家計が厳しい!資金繰りに「不動産担保ローン」は適切か?

コロナショックで住宅ローンが返せないときの救世主!「任意売却」とは?

withコロナ時代に賢く不動産を売却する方法

不動産売買のタイミングのご相談はイエツグまで



不動産の価格はさまざまな要因の影響により変動。住宅ローンの金利も含め、売り時・買い時を見極める必要があります。

弊社イエツグは不動産売買の仲介を専門とする不動産会社。日々市況や住宅ローン金利の動きを観察し、お客様にとってベストな売買タイミングをご提案できるよう努めております

高額商品である不動産の売買はタイミングによって成果が大きく左右されます。満足のいくタイミングでの売買を目指すなら、ぜひ弊社イエツグへお気軽にご相談ください。

執筆者 丹拓也
執筆者 丹拓也株式会社イエツグ代表取締役
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士