住み替えを成功させるコツと費用や税金をおさえるポイント

住み慣れたマイホームを離れ、新天地で住まいを探す「住み替え」。

住み替えは「旧自宅をどうするか」「新居はどこにするか」2つのことを同時進行で行わなければいけません。また「購入」と「売却」には、それぞれ費用がかかるため、効率的に行動していかないと、「手元にこれだけしかお金が残らなかった・・・」なんてことも。

そこでコチラでは、住み替えを成功させるコツと費用や税金をおさえるポイントについて詳しく解説いたします。理想の住まいと出会うためにも、住み替えに関する基礎知識をしっかり身に着けておきましょう。

住み替えとは?成功させるための基礎知識

住み替えを成功させるためには、できるだけ購入と売却を同時進行していくのがベストです。

まずは「家を売るときの流れ」と「家を買うときの流れ」を把握してから、効率よく進めるための住み替え計画を立てていきましょう。

家を売るときの流れとコツ

家を売るときは、以下の流れで進めていきます。

  • 物件の査定
  • 媒介契約
  • 売却活動
  • 売買契約
  • 決済
  • 契約引渡し

売却にかかる期間は3~6カ月程度と言われているため、転居する半年程度前から計画を立て行動しておくことが大切です。計画を立てるときは、売却のタイミング見計らい注意点を知っておきましょう。下記ページでタイミングや注意点について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

マンションから住み替えるために知っておくべき3つのこと!売却するときの注意点について

住み替えで家を売却するベストなタイミングは?失敗しないための2つの注意点を解説!

新しく家を買う流れとコツ

そして家を買うときは、以下の流れで進めていきます。

  • 内覧
  • 申込み
  • 住宅ローン審査
  • 売買契約
  • 住宅ローン契約
  • 決済
  • 引っ越し

不動産購入は、希望する物件が決まっていれば比較的早く成約まで進みます。住宅ローンの審査も3~4日ほどで結果が出るため、売却よりも時間はかかりません。しかし、問題は購入費用と融資額の調整です。今後、長きにわたって支払いが続く住宅ローンの返済計画を慎重に立ていかなければいけません。

住み替える5つの理由と後悔しない買い替え方

家の買い替えで失敗しないために必要な3つのこと

住み替えにかかる費用や税金をおさえるポイントについて

「購入」と「売却」を同時に行う住み替えは、かかる費用も通常の倍額。残債の清算と新居の購入費以外にも、仲介手数料や税金など、支払先はたくさんあります。

なるべく手元に資金を残すためには、売買にかかる経費を削り、税金控除制度を活用していかなければいけません。下記ページでは、住み替えにかかる費用と節約する方法とコツをわかりやすく解説しています。

住み替え(買い替え)を相談する前に注意すべき2つのポイント!コスト削減するならイエツグへ

住み替え(買い替え)にかかる税金は控除特例でお得に節税!

住み替え(買い替え)にかかる費用を徹底解説!節約する方法とは?

住み替えローンの組み方や住宅ローン控除について

自宅を売却しても残債を清算できないときに役立つ「住み替えローン」。残債の返済金と新居の購入資金をまとめて借り入れることができる便利な住宅ローンです。

ただし、住み替えローンを組むときは、決済日の調整や綿密な返済計画が欠かせません。融資可能な額と実際に返済できる額は違います。家計が破綻しないよう、住み替えローンの注意点を理解しながら計画を立てていきましょう。

住み替えで節税!住宅ローン控除の適用要件と5つの控除特例

住み替えローンのメリットとデメリットとは?適用要件をプロが解説

住み替え先をお探しなら弊社までご相談ください

住み替えは、はじめて家を買うとき以上に慎重に進めていかなければいけません。融資額を増やすということは、それだけ今後の負担が増えるということ。審査が通って終わりではなく、長い返済がはじまるということを頭に入れておいてください。

弊社イエツグでは、住み替えにかかる費用を減らすために、売買にかかる諸経費を削減できるお得な住み替えプランをご用意しております。また総借入額を調整し低金利で融資が受けられるよう、融資計画をご提案いたします。

お客さまのご要望を叶えつつ、家計に負担をかけない住み替え先の選び方をアドバイスをいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

執筆者 丹拓也
執筆者 丹拓也株式会社イエツグ代表取締役
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士