不動産会社の種類は4つに分かれる!それぞれの役割・仕事は?

不動産売買においては、不動産会社の仲介を受けるのが一般的です。手続きの代行や売買にあたっての有益なアドバイス提供など、非常に頼りになる不動産会社。しかし不動産会社と一口にいってもそれぞれ異なる役割を持っており、どこの不動産会社でも売買の仲介を行えるわけではありません。

今回は不動産会社の種類と、売買の仲介を行う不動産会社の役割についてご紹介します。

この記事でわかること
  • 「不動産売却」で関わる会社
  • 「不動産購入」で関わる会社
  • 「不動産仲介会社」の役割
執筆者 丹拓也
株式会社イエツグ代表取締役
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士
イエツグくん

不動産会社ごとに得意な業務は別!
大きく分けて4つに分類できるんだよ。

「不動産会社」は4つの種類に分かれる

不動産に関連する業務は非常に広範囲に広がっており、それぞれにおいて深い専門性を必要としています。

そのため不動産会社はそれぞれの業務に特化できるよう、大きく4つに分類されています。

1.開発会社

「開発会社」は、不動産物件の開発・建築に特化した不動産会社です。それぞれ会社ごとに得意分野をもち、役割はさらに細分化されています。

商業用施設や工場などを含む建築分野全般を扱う総合デベロッパー、マンション建築に特化したマンションデベロッパー、一戸建てに特化したハウスメーカーなど、開発会社の中でも役割や規模はさまざま。それぞれの得意分野に特化した物件開発・建築を行っています。

2.販売代理会社

「販売代理会社」は、開発会社が開発・建築した不動産物件を販売する窓口となる会社です。

同グループ内の開発会社の物件のみ扱う専属会社と、さまざまな開発会社の物件を扱う受託会社に分類されます。

3.仲介会社

「仲介会社」は、基本的に中古の不動産物件の売買や仲介を扱う不動産会社です。

不動産を売りたい売主と買いたい買主、あるいは不動産を貸したい貸主と借りたい借主を結びつける仲介が主な業務。また営業活動の一環として、物件の査定や相場情報の収集など、不動産売買・賃貸に関するさまざまな業務を行います。

4.管理会社

「管理会社」は、不動産物件の清掃、メンテナンス、住民管理などの管理業務全般を請け負う会社です。

清掃・保守といった短期的な日常業務から、修繕積立金の管理や修繕計画の立案・実施といった長期業務まで、住民の生活維持に関する業務を幅広く請け負います。

一般的には分譲マンションの管理業務代行が知られていますが、賃貸物件や別荘地などに特化した管理会社も存在しています。

イエツグくん
不動産会社の種類がいっぱいあって覚えるのが大変!
役割が細かく分かれてるけど、不動産売却で関わるのはほんの少しだけなんだ。

「不動産売却」で関わる不動産会社

不動産の売却は、物件に適した不動産会社と協力することでスムーズな取引を行えます。

個人が売買する中古物件の扱いを得意とした不動産会社を選びましょう。

売買手続きを任せるのは仲介会社

中古物件の売買を得意とするのは仲介会社です。不動産売買に関する豊富な知識を持っている仲介会社は、一戸建て・マンション問わず、それぞれの物件に必要な手続きを適切に手引きしてくれます。

中古物件の売買情報は、多くが仲介会社間で共有されるため、どこの仲介会社でも売却手続きを行えます。格安の仲介手数料をうたう会社、地域に根ざした老舗会社など、それぞれの強みを比較して仲介会社を選ぶとよいでしょう。

マンション売却は管理会社が行うこともある

マンションの部屋を売る場合に限り、そのマンションの管理会社が売買の仲介を請け負う場合があります。

管理会社は長期間マンションに関わっているため、一般的な仲介会社が把握できないような長所・短所を知り尽くしています。買主に対して正しい情報を伝え、誠実な取引につながりやすいのは大きなメリットです。

しかし管理会社は売買を専業にしていないため、仲介会社に比べ相場にうとい場合もあります。早期の取引を急ぐあまり、相場よりも安く売られてしまう恐れもあるため、管理会社を通じた売却には注意が必要です。

イエツグくん
不動産を買う時にも不動産会社の手助けは必要!
購入時に頼れる不動産会社も紹介するね。

「不動産購入」で関わる不動産会社

不動産売却だけでなく、購入する際も不動産会社の協力が必要です。中古だけでなく新築も選択肢に入る不動産購入。希望する条件に適した不動産会社を選択できれば、満足度の高い不動産購入につながるでしょう。

新築物件は販売代理会社が窓口

新築物件の購入は、マンション・一戸建てを問わず、販売代理会社が窓口となるのが一般的です。とくに新築マンションは、開発会社と同グループの販売代理会社が扱うケースが高い割合を占めます。

ただし全て販売代理会社が窓口となるわけではなく、開発会社が窓口となる物件もあります。とくに一戸建ては建築から販売まで、ハウスメーカーや工務店が一貫して窓口となるケースが少なくありません。

中古物件は仲介会社が窓口

中古物件の購入は、大半が仲介会社を通じて行われます。豊富な知識と幅広いネットワークを持つ仲介会社は、買主の希望に合った物件を探し出してくれるでしょう。

なお、購入希望が特定のマンションに絞れているようなら、そのマンションを扱う管理会社から直接仲介する場合もあります。

イエツグくん
不動産売買どちらでも頼れる仲介会社は、具体的にどんな仕事をしてくれるんだろう?

「不動産仲介会社」の仕事

主に中古不動産売買の窓口となる仲介会社。売主・買主の代理として希望物件の販売活動や物件選び、契約業務代行を担当します。

不動産の売買が成立した後、売主・買主はそれぞれ仲介会社に「仲介手数料」を支払います。仲介手数料は宅地建物取引業法により、400万円以上の物件は「不動産の売買金額×3%+6万円」が上限と定められています。

不動産売買の仲介手数料は法律でどう規定されている?上限額についてわかりやすく解説!

ほとんどの仲介会社は、仲介手数料をこの上限額いっぱいに設定しているため、どこの仲介会社に依頼しても払う金額はほぼ変わりません。弊社のように、仲介手数料を格安かつ定額にしている会社はあまり存在していないということですね。とはいえ、仲介手数料が安ければいいというものではありません。仲介手数料が安いからといって、他社より安く売られてしまったり、高く買わなければならなければ本末店頭です。弊社も仲介手数料をただ安くするのではなく、専門性を日々磨いています。

また仲介会社はほとんどの物件情報を共有しているため、扱える物件の数には差がありません。

しかし得意なエリア、物件種別はそれぞれ異なるため、売買時の交渉結果に差が生まれる場合があります。

自分が売りたい・買いたい物件と相性のよい仲介会社を選択することが、支払う仲介手数料に対してお得な結果の取引となるでしょう。

まとめ:不動産売買のご相談は「仲介会社」のイエツグまで

不動産会社には多くの種類があり、それぞれの中で得意分野がさらに細分化されています。不動産売買を行いたいなら、自分がどんな取引をしたいかをしっかり分析した上で、適切な不動産会社を選ぶようにしましょう。

弊社イエツグは、不動産売買の仲介を専門とした不動産会社です。不動産売買が初めてという方も安心して取引できるよう、細かなご相談も承ります。

不動産取引で気になる仲介手数料は、物件価格にかかわらず182,900円(税別)の定額設定。どこよりもお得に、満足のいく不動産売買をご提供いたします。

お得にマイホームを購入・売却されたい方は、ぜひイエツグまでご相談ください。

イエツグは、住宅とともに想いを”人から人に継ぐ”という願いから付けた社名です。仲介手数料を格安・定額にすることで、節約できた費用を住宅の質を向上させるために使っていただきたいと考えております。住まいを”継ぐ”には、耐震性や価値を向上することが不可欠だと思うからです。 イエツグ代表の私、丹は、元消防士。東日本大震災で多くの家屋が倒壊し、大切なものを失った方々を目の当たりにしたことにより、既存住宅の価値を上げ、良質な住宅を流通させることがこの国の急務なのではないかと考えるようになりました。小さな会社ではありますが、社員一同、同じ志を持って対応させていただいております。ぜひ一度ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA