不動産買取の相場は仲介の7割前後!目安の調べ方と不動産業者の選び方

不動産を早く売りたいときには、仲介による売却よりも不動産業者による買取サービスを利用するほうが有効です。

不動産買取は仲介による売却よりも金額が下がりますが、買取価格の相場が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?売りたい不動産の買取り額について目安を調べるためには、買取り額の計算方法と周辺相場を把握しておく必要があります。

この記事では、不動産買取の相場の目安を計算する方法、より高い金額で買取りしてもらうための方法について解説します。

この記事でわかること
  • 不動産買取ってなに?
  • 不動産買取の相場は?
  • 不動産会社取り業者の選び方

不動産買取査定の相場は仲介の7割が目安

「不動産買取」とは、個人の購入希望者ではなく不動産業者に物件を売却することです。不動産業者の仕入れに協力するようなイメージとなります。

不動産買取の金額は、業者にとって仕入れ値となるので、周辺相場よりも低いのが一般的です。

通常は仲介の70%が目安

不動産買取の相場金額は、仲介でその物件を売り出した時の70%が目安となります。

なお、不動産の売却で最も重要なポイントは価格設定です。価格が周辺相場よりも高すぎると、それだけで買い手の購入候補から漏れてしまうので、売れるまでに時間がかかるようになってしまいます。仲介で確実に物件を売却するためには、周辺相場に1割程度上乗せした価格設定が限度です。

不動産買取では、不動産業者は物件を転売する前提で個人から買取ります。物件を買取った後に、リフォームやリノベーションを施してから売り出すためです。

また、不動産業者は物件を売り出す時に、リフォーム費用や利益を上乗せします。このため、仕入れにあたる買取りの段階では、周辺相場よりも経費を差し引いた金額を考慮して査定します。

つまり、不動産買取による買取金額は、以下のように目安をつけるのが適当です。

不動産買取価格の相場の目安

周辺の売り出し事例 × 1.1倍 × 70% = 不動産買取りによる限度額目安

ただし、周辺の取引事例については、できる限り売ろうとしている不動産に近い物件の事例を探す必要があります。ポイントは駅からの距離・築年数・広さ・間取りなどです。

買取価格の相場を調べる方法

買取価格の相場を調べるために重要なポイントは、現在の中古不動産市場について相場をつかむことです。

ここからは、周辺相場を調べるために利用できるサイトについてご紹介します。ご紹介するサイトは、それぞれ不動産業者以外の人でも無料で利用可能です。

土地総合情報システム

土地総合情報システムは、国土交通省が運営しているサイトです。

細かなエリアの絞り込みが可能なうえに各物件の詳細な情報をつかめるので、取引価格をイメージしやすいのが特徴です。

一方、土地総合情報システムの利用にあたっては、注意を要するポイントが1点あります。掲載されている情報は取引当事者に対するアンケートに基づいており、実際の取引価格ではないということです。参考情報として確認してみるとよいでしょう。

▶土地総合情報システム

REINS Market Information

REINS Market Informationは、多くの不動産業者が加盟する公益財団法人不動産流通機構が運営しているサイトです。

こちらのサイトでは、実際に成約した価格が掲載されているので、より正確な価格相場を調査できます。

▶REINS Market Information

物件種別ごとの価格相場

2020年7月現在の種別ごと価格相場を首都圏でまとめてみました。

価格相場の70%を買取査定額の目安として、不動産業者から買取査定を受けた時の参考にしてみてください。

中古マンション

2020年7月の首都圏における中古マンション平均成約価格です。

データは月単位で発表されているため、各数値とも月ごとに異なります。なお、築年数については毎月微小な変動があるものの、概ね毎月一定です。

査定を受けるマンションの築年数が各エリアの平均よりも少なければ、査定額が上がる可能性もあります。反対に築年数が平均よりも多い場合は、査定額が下がることも考慮しておくのが賢明です。

 

  ㎡単価 (万円) 面積 (㎡) 築年数 (年)
東京都 74.36 60.92 20.35
神奈川県 46.02 67.34 22.05
埼玉県 32.07 67.48 23.91
千葉県 27.64 74.37 25.71

(出典:2020年7月度 Market Watch 公益財団法人 東日本不動産流通機構

中古戸建住宅

続いて、2020年7月の首都圏における中古戸建住宅取引相場です。

中古戸建住宅も中古マンションと同じく、平均築年数が20年〜25年程度となっています。戸建住宅を売却する場合の重要なポイントは構造と築年数です。不動産を売却する場合はローンの利用可否が1つの判断基準とされており、ローンの利用可否は構造と築年数に関係があります。

たとえば木造戸建住宅の場合は、法定耐用年数が22年と定められており、売却する物件の築年数が22年に近づくほどローンの利用条件が厳しくなります。古い物件は、金融機関から見た担保価値が下がるためです。

築年数が経過した木造物件は建物自体の価値を低く見積もられることも多いので、留意しておきましょう。

 

  平均成約価格 (万円) 面積 (㎡) 築年数 (年)
東京都 4,485 101.52 19.35
神奈川県 3,229 108.90 21.48
埼玉県 1.954 101.96 21.70
千葉県 1,804 108.67 24.72

(出典:2020年7月度 Market Watch 公益財団法人 東日本不動産流通機構

土地

最後に、2020年7月の首都圏における土地の取引相場です。土地はマンションや戸建住宅と違って劣化しないため、場所と土地の形状が重要なポイントになります。

不動産の売却において最重要となるポイントは立地です。駅や生活利便施設から近い土地は比較的高い金額で売却できます。また、四角形に近い形状の土地は査定額が高く、いびつな形状の土地は査定額が低いです。

  ㎡単価 (万円) 面積 (㎡)
東京都 33.47 136.77
神奈川県 19.91 140.45
埼玉県 13.45 144.56
千葉県 10.99 157.66

(出典:2020年7月度 Market Watch 公益財団法人 東日本不動産流通機構

不動産買取でより高く買い取ってもらうためには

不動産買取りによる買取額は周辺相場によって変化すると解説しましたが、できる限り高く買い取ってもらうために有効な対策もあります。

複数業者で比較する

不動産の買り額を上げるために最も重要なポイントは、複数の不動産業者を比較することです。また、不動産業者を比較するときには、各不動産業者に査定額の根拠を確認しましょう。

データに基づいた具体的な根拠を提示してくる不動産業者を選ぶことが重要です。なお、根拠を確認するときには、あらかじめ自分で調査した周辺相場を提示するのも有効な方法となります。

イエツグなら仲介手数料無料で即決買取

不動産の取引には、物件の取引金額以外にも様々な費用がかかります。不動産業者を比較するときには、手続き費用などについても聞いておき、最終的な手残りがいくらになるのか確認することが重要です。

また、不動産買取りを利用する多くの方は、できる限り早く不動産を現金化したいと思われるでしょう。不動産買取の業者比較においては、買取り金額の着金時期もポイントとなります。

イエツグでは、不動産買取の仲介手数料が無料なうえ、即決買取りいたします。極力費用をかけずにスピーディな現金化が可能です。売却に関する費用を抑えたい人や、とにかく早く不動産を現金化したい人は、ぜひイエツグにご相談ください。

まとめ:不動産買取価格の相場は仲介による売却の7割前後

不動産買取の相場を把握するためには、周辺の取引価格相場について調べることが必要です。周辺の事例を調査する場合には、立地や間取りなどが近いものをピックアップしましょう。

情報収集するためには、国土交通省が運営している土地総合情報システムや、不動産流通機構が運営しているREINS Market Informationなどを利用するのが適切です。

買取してもらう不動産業者を選ぶには、複数の不動産業者を比較することが重要です。不動産業者の比較にあたっては、査定の根拠と実際の手残り額を確認しましょう。

イエツグは、住宅とともに想いを”人から人に継ぐ”という願いから付けた社名です。仲介手数料を格安・定額にすることで、節約できた費用を住宅の質を向上させるために使っていただきたいと考えております。住まいを”継ぐ”には、耐震性や価値を向上することが不可欠だと思うからです。
イエツグ代表の私、丹は、元消防士。東日本大震災で多くの家屋が倒壊し、大切なものを失った方々を目の当たりにしたことにより、既存住宅の価値を上げ、良質な住宅を流通させることがこの国の急務なのではないかと考えるようになりました。小さな会社ではありますが、社員一同、同じ志を持って対応させていただいております。ぜひ一度ご相談ください。



監修者 秦 創平
監修者 秦 創平国内不動産会社に10年勤務後、生命保険営業を経て海外不動産投資コンサルタントを2年経験。
現在はフリーライターとして、国内不動産および海外不動産投資関連の記事を多数執筆している。