住宅性能評価書付き住宅とは?概要やメリットについて簡単に解説

「住宅性能評価書付き住宅ってなに?」「住宅性能評価書付き住宅って聞いたことはあるけれどよく分からない」など、住宅性能評価書付き住宅について疑問を感じている方は多いです。

実際、聞き慣れない単語でもあるため、難しそうなイメージを感じてしまう方も多く、結局理解することなく調べるのを断念してしまう方がほとんど。

そこで、今回は住宅性能評価書付き住宅について、誰にでも分かるよう簡単に解説。概要やメリットなどについて見ていきましょう。

執筆者 丹拓也執筆者 丹拓也
株式会社イエツグ代表取締役。
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士

住宅性能評価書付き住宅とは?

不動産広告を見ていて「住宅性能評価書付き住宅」といった記載を見たことがあることは多いのではないでしょうか。

不動産における住宅性能評価書付き住宅とは、文字通り「住宅性能評価書」が交付された住宅のことです。日常生活における設備の配慮や環境への配慮、建物の安全性などが分かりやすくまとめられていて、専門的な知識を持たない方でも物件の詳細が確認できるようになっています。

現在の法律では、不動産の物件すべてに住宅性能評価書の発行が義務付けられてるわけではないため、「住宅性能評価書付き住宅」は全体の一部しかありません。

不動産選びで迷った際や、比較に困ったときには「住宅性能評価書付き住宅」を検討してみることをおすすめします。

住宅性能評価書とは?

住宅性能評価書付き住宅とは、「住宅性能評価書」が発行された住宅であるとお伝えしましたが、そもそも「住宅性能評価書」とは何なのでしょうか。

ここからは、住宅性能評価書について触れていきます。

2種類の評価書が存在する

住宅性能評価書には、設計住宅性能評価書と建設住宅性能評価書の2種類が存在し、それぞれ記載されている評価結果が異なります。

「設計住宅性能評価書」は、設計の段階にチェック・発行される評価書のことで設計図書の評価結果が記載されています。

「建設住宅性能評価書」は、物件が完成した際に発行されるもので、設計住宅性能評価を受けた建物の立ち入り検査や工事記録書類を確認したときの結果に基づき評価した結果を記載しています。

10の分野が15等級で評価され、知識のない方でも数値を見ればどのような物件であるかが分かるのです。

評価するのは第三者機関

住宅性能を評価するのは、「登録住宅性能評価機関」と呼ばれる第三者機関です。

国土交通大臣の登録を受けた機関であり、公平な立場で客観的に物件を評価します。

そのため、住宅性能評価書の評価結果が不当なものとなったり、誇大評価となったりすることはありません。信頼性の高い評価書といえるのです。

住宅性能評価書の項目

住宅性能評価書の評価項目は10項目あります。

評価項目の具体的な内容について見ていきましょう。

①構造

主に災害による影響での「耐久力」などの面を評価します。

例えば、地震で倒壊してしまうリスクや、強風による損傷リスクなどが挙げられるでしょう。

とはいえ、仮に等級が「1」とされていても、震度7程度の地震であれば倒壊する危険性はないとされています。

②火災

火災が発生した場合に「逃げやすいか」「延焼しにくいか」などが等級で評価されます。

評価ポイントは「燃えにくい素材や日に強い素材を使用している」「火災報知器などの設備の充実さ」などがあげられます。

③劣化

劣化しにくい対策をとっているかを評価します。例えば「土台」「柱」などが傷みにくいよう配慮されているかといって点は、評価ポイントの一つ。等級が高ければ、建物の耐久性も高いといえます。

④維持や管理

マンションにおけるメンテナンスのしやすさ、掃除のしやすさ、点検のしやすさなどを評価します。入居者自身にはあまり影響が大きいものではありませんが、等級が高ければメンテンナンスが施しやすい建物といえます。

⑤温熱環境

省エネルギー性に関する評価です。

冷房や暖房を使用するにあたり、効率よく設定温度に促せるかは、快適さにおいて重要な評価ポイント。断熱に関する設備の程度について評価します。

⑥空気環境

シックハウス症候群などのリスクが気になる方に、ぜひチェックしてほしいのが「空気環境」です。

接着剤を使用する素材を評価したり、換気設備の充実さなどを評価します。

⑦光・視環境

窓の向きや大きさなどを評価します。

日当たりを重視する方であれば、ぜひチェックしておいてほしいポイントです。

⑧音環境

マンションの場合にはよく確認すべき評価点です。上下左右に住む近隣に、生活音が響きにくいかを評価する項目です。生活音が響きやすい構造の場合、「騒音」として近隣住民とトラブルになる可能性があります。

防音性に優れたマンションを希望する方は、よく確認しておきましょう。

⑨高齢者等への配慮

高齢者だけではなく、障がい者も不便なく暮らしやすいよう配慮されてるかが評価されています。

例えば「段差をなくしてスロープにする」「適切な部分に手すりを設ける」「共有スペースは車いすでも利用しやすいよう広く設ける」などが挙げられます。

⑩防犯対策

防犯に関する設備の充実性について評価されています。

防犯で有効な設備が導入されているか、といういわゆる侵入防止対策について評価され、等級が高ければ高いほど防犯性が高いといえます。

住宅性能評価書付き住宅のメリット

住宅性能評価書付き住宅を選ぶことに、どのようなメリットがあるのでしょうか。

専門的な知識が無くても不動産情報が分かる

専門的な知識が無くても、不動産情報が明確に分かるのがメリットの一つです。不動産業界には、専門的な用語が多く、一般的には理解が難しい内容が少なくありません。

しかし住宅性能評価書付き住宅の場合は、誰でも理解しやすいよう等級で評価されてるため「この物件はなにが優れているか」「希望箇所が優れているのはどの物件か」など、一目で評価・比較がしやすくなります。

資産価値が維持しやすい

一般的な不動産と比較すると、「住宅性能評価書付き住宅」は、資産価値が維持しやすいのが特徴です。そのため、査定で有利になりやすく、仮に売却するとなった場合も相場よりも高く売却できる可能性があります。

評価内容が信頼できる

住宅性能評価書付き住宅は、公平に評価されたものであるため、信頼性が高いのが特徴です。また、個人では調査が難しい部分も、第三者機関が立ち合い検査などで徹底的に調査します。

「物件情報が不透明」といった問題がなく、安心して候補にリストアップできるのがメリットといえるでしょう。

住宅性能評価書付き住宅にはメリットが豊富

今回は、住宅性能評価書付き住宅についてご紹介しました。

不動産広告などで表記されていることがある「住宅性能評価書付き住宅」。信頼できる物件を選びたい方にとって、住宅性能評価書付き住宅は魅力的な物件といえます。

とくに、専門知識がない方の場合は、自分で特定の物件をリサーチするのには限界があるのが事実。耐久性や防犯性などについて、独自で調べるのは簡単なことではありません。

だからこそ、住宅性能評価書付き住宅の検討も大切です。不動産選びで迷った際には、本記事を参考にしながら、「住宅性能評価書付き住宅」も視野に入れて探してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA