現時点でまだ住宅ローンが残っている状態でも売却可能

まだ住宅ローンが残っているけれど、諸事情によって売らなければいけなくなるという人もいるでしょう。

このような場合にはどうなるのかというと、実は売却可能なのです。

ただし、一般的な方法とは少し異なる点もあるので、よく確認しておかなければいけません。そこで主な注意点やポイントを紹介していきたいと思います。

まずは自宅の抵当権を外す

ローンが残っている状態では、自分の所有物ではないので勝手に売ることはできません。

そこでどうするのかというと、抵当権を外すという作業が必要になります。問題なのはどうやって抵当権を外すかなのですが、それはローンを完済しないといけないのです。

それでは何も意味がないじゃないかという人もいるでしょうが、実は家を売ったお金で住宅ローンの残りを支払うという方法も可能になるのです。これなら少しは楽になるでしょう。

完済することは絶対条件

たとえローンが残っている状態でも売却可能になるのですが、住宅ローンは必ず支払い切らなければいけません。

そのため、少しでも高い金額で売るための方法を知る必要があるのです。それはきちんと情報収集を行い、安心して依頼できる不動産屋を探すことです。

そうするとまだローンが残っている状態であっても、どのように対処するべきか教えてくれることもあるでしょう。

任意売却を利用しよう

もし住宅ローンが支払えなくなった場合には、差し押さえという形になってしまいます。そうすると家は競売にかけられてしまい、かなり多くのデメリットを背負うことになるでしょう。

そうなる前に任意売却を利用することをおすすめします。まだローンが残っていても売却可能だからと言って、実際には売ってもまだローンが残ってしまうという事態になる人もいるでしょう。

このようなときには、残りの返済を分割で支払うことが可能になるのです。しかも生活状況によって返済額に融通を聞かせてくれるのもメリットです。住宅ローンが残っていても不動産を売却することは可能です。

いつでもご相談下さい。

ローンが残っていても売れる

住宅ローンが残っていても、実際には売却可能なのですが、そのためには抵当権を外すこと、残ったローンは必ず返済することが義務付けられます。まだローンが残っている状態で家を売る人の場合、当然お金に困っているからなのですが、支払えないのに放置しておくと競売にかけられてしまいます。

そうなる前に任意売却という方法で売ってしまうのが最良の選択肢だと言えるでしょう。そうすれば残りのローンも分割で支払うことが可能になるからです。

住宅ローンが残っていても、売却することは可能でしょうか

マイホームを購入するときは金融機関と住宅ローンを組むのが一般的です。ローンの返済中に住まいを買い替える必要がある場合、売却ができるかどうかは多くの方が気になるはずです。

結論からいうと住宅ローンが残っていても売却可能となります。

しかし、いくつかの条件をクリアしないといけません。まだ住宅ローンが残っているものの、物件を売却したいと考える方はどういった方法があるのかをまず知るのが肝心となります。

自宅の抵当権を外す意味について

担保として設定されている自宅の抵当権を外すためにはローンの完済が必要です。金融機関と住宅ローンを組む場合には不動産に抵当権を設定し、もしもローンが返済できなかった場合には担保となります。

抵当権がついたままでも売却はできるものの、競売にかけられてしまうため、購入しようとする方はほぼいないと考えるべきです。

完済することが条件とはなるものの、売却したお金で完済するのは問題ありません。しかし、必ずローン残高よりも高く売れるとは限りません。

足りない分に関しては自己資金を充当して完済させることになります。

買い換えローンの特徴とは

残高を新規に購入する住宅のローンに上乗せする買い替えローンを活用する方法もないわけではありません。

借入額が増えることで審査が厳しくなるため、融資が認められる場合においても本当に返済できるかを精査しないといけません。

ローン残高を確実に返済できるかはいくらで売却できるかに左右されます。自己資金を充当しないといけないものの、現実的に難しいという方もいるでしょう。新しく住宅を購入するのが前提とはなるものの、ひとつの方法として覚えておいた方がよいといえます。

今後のライフプランはもちろん、収入が途絶えることがないかも加味したうえで選択しましょう。

もしも売却ができなかった場合の対応

質の高い物件であっても確実に売却できるという保証はないからこそ、もしも売却できなかった場合の対応も頭に入れておくべきです。

新居を購入することがすでに既定路線である場合は、買い替え特約をつけるのがひとつの方法となります。買い替え特約とは○月○日まで○○万円以上で売却ができない場合に契約を白紙にするものです。

売却代金が手に入らない場合は新居の購入ができなくなるものの、もしもの場合のリスクを避けることができます。

思っている以上に高く売却できる場合もあれば、予想以上に購入希望者が現れない場合もあるということを覚えておいた方がよいでしょう。

不透明である物件の売却においてのリスクを避けるためにも買い替え特約を有効活用すべきです。

いくらで売却できるかのシミュレーション

住宅ローンが残っていても物件の売却可能であるものの、売却価格によってどういった対応をすべきか変わっていきます。

特に自己資金で住宅ローンの完済が難しいという方はいくらで売却できるかのシミュレーションをしないといけません。

物件がいくら売れてどういったローンの完済計画を立てるかが大切になります。マイホームを買い換えた際に譲渡損失が出てしまう場合、翌年以降3年間で繰り越して譲渡損失を他の所得から控除できる特例もあります。

いくらで売却できるかのシミュレーションをしておけば、ローンの完済計画も立てやすいのは間違いありません。もしも競売での売却となった場合、低額で落札される傾向が強く、多額な不足分を強引に求められる場合もあります。

任意売却の場合はローン残高のあるまま相場の価格で売却することです。足りない差額分は無理のない範囲で分割して支払うことになります。

売却可能であっても安易に住宅ローンが残っているのに売却を決断するのは危険です。つつがなく物件の売却を成立させてローンを完済させるためには事前の準備が肝心となります。

売却可能であっても後に後悔しないとは限りません。

望むべく価格で売却できるとは限らないのが物件の売却における大きな問題点です。自宅の抵当権をどう外すか、買い替えローンや買い替え特約をつけるかといった選択も重要です。

住宅ローンが残っている場合の物件の売却可能であるものの、適切な選択をするためには不動産会社にまず相談するのが望ましいといえます。

住宅ローンが残っていても物件の売却可能であるものの、自宅の抵当権を外さないといけません。

まとめ

自己資金で完済できない場合は売却価格をローン返済に回すこともできます。買い換えローンを有効活用する方法もあれば、もしもの場合に備えて買い替え特約をつける方法もあります。

事前にいくら売却できるかのシミュレーションをし、どう対応すべきかを考えるのがよいでしょう。住宅ローンが残っていても不動産を売却することは可能です。

さまざまケースを考慮して適切な対応をする必要があるため、お気軽にご相談ください。まず売れると思える価格を設定し、ローンの返済計画を立てていきます。そして、状況に応じて対応できるように、事前に下準備をするのが肝心となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA