購入時の”仲介手数料無料+キャッシュバック”の仕組みを一挙公開!

「仲介手数料無料+キャッシュバック」とは、仲介手数料が無料になるどころか、仲介手数料の一部を消費者に還元するというもの。しかし、このようなサービスを目にしたときに、以下のような疑問を抱く人もいるのではないでしょうか?

この記事でわかること
・仲介手数料キャッシュバックってどういうこと?
・どんな仕組みでキャッシュバックされるの?
・利用するときに注意点ってあるの?

一般的に仲介手数料は、”支払うもの”ですから、「仲介手数料のキャッシュバックは嬉しいけれど、本当に大丈夫?」と不安を感じてしまうのは自然なことだといえます。

そこで本記事では、その疑問を少しでも解消するために、仲介手数がなぜキャッシュバックされるのか、その仕組みについてお答えしていきます。

執筆者 丹拓也
執筆者 丹拓也株式会社イエツグ代表取締役
不動産業界の活性化・透明化を目指し、2018年仲介手数料定額制の不動産会社「イエツグ」を設立。お客様の「心底信頼し合えるパートナー」になることを目標に、良質なサービスと情報を提供している。
保有資格:宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナー技能士・住宅ローンアドバイザー・既存住宅アドバイザー・防災士

仲介手数料無料+キャッシュバックってどういうこと?


仲介手数料無料キャッシュバックの中身の前に、まずは、仲介手数料の仕組みからおさらいしていきましょう。

そもそも仲介手数料とは?

仲介手数料は、仲介した不動産会社に支払う報酬のこと。取引した不動産価格に比例して、支払う仲介手数料の上限額は大きくなる仕組みです。

仲介手数料の上限額=「売買金額×3%+6万円」(税別)

仲介手数料は、「買主」「売主」どちら側にも発生する報酬です。不動産会社は、自ら仲介した物件が売れれば売主から仲介手数料をもらうことができます。また、物件の買主を不動産会社自身が見つけてくれば、買主からも仲介手数料が発生します。

この仲介手数料は上記計算式で算出される上限額さえ超えなければ、各不動産会社が自由に取り決めることができるシステムです。お客さまから上限額いっぱいいっぱいの金額をもらわなければいけないという法律は、どこにもありません。

しかしながら、現在の不動産業界では、上限額ギリギリの仲介手数料を報酬として受け取ることが常習的になっています。

ここ数年でよく見かける「仲介手数料割引サービス」は、このような矛盾した報酬を改善しようという取り組みです。

「これまで当たり前のようにもらっていた仲介手数料を削減し、お客さまの負担を減らしていこう!」

という革新的な不動産業者が、仲介手数料の割引や定額化を掲げているのです。

仲介手数料の計算方法については、下記ページで詳しく紹介しています。上限額の算出方法について知りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

不動産売買の仲介手数料とは?費用を抑える方法と仕組みをわかりやすく解説

無料の上にキャッシュバックまで受けられる!

「仲介手数料無料」とは、文字通り不動産会社に支払う報酬がゼロだということ。

不動産売買の仲介手数料が無料!からくりとデメリットを把握して賢い選択を

さらに「キャッシュバック」とは、支払った仲介手数料の一部が戻ってくる仕組みです。

この2つのサービスを組合わせたものが、「仲介手数料無料」+「キャッシュバック」。つまり、仲介手数料が無料になるうえ、本来であればかかる仲介手数料の一部がお客さまに還元されることになります。

無料の上にキャッシュバック???

と、まだ頭の上にはてなマークが浮かんでいる方も多いと思いますので、次項からさらに詳しく「仲介手数料無料+キャッシュバック」の仕組みを解説していきます。

仲介手数料無料+キャッシュバックの仕組み

実際に仲介手数料を支払っているならまだしも、仲介手数料が無料にもかかわらずキャッシュバックとして還元できるお金は一体どこから発生するのでしょうか?

不動産会社によっても様々なパターンがありますが、一般的には以下のような仕組みによってキャッシュバックが行われています。

  • 売主からの仲介手数料の一部を買主にキャッシュバック
  • さらに広告費や人件費を削減する企業努力

まず、仲介手数料が無料な上にキャッシュバックするということは、他の収入源がなければ不可能です。それが、売主からの仲介手数料となります。

たとえば、弊社の例でご説明します。

弊社イエツグは物件価格にかかわらず、仲介手数料を一律18万2900円(税別)とさせていただいております。売主様も買主様も弊社で仲介させていただくとすれば、

  • 買主様:18万2900円
  • 売主様:18万2900円

となり、合計36万5800円の報酬を頂戴することとなります。

一方、弊社の購入時「仲介手数料無料+55%キャッシュバック」プランは、

  • 買主様:仲介手数料無料+10万595円キャッシュバック
  • 売主様:18万2900円

となり、合計8万2305円の報酬を弊社がいただくことになります。

これを可能にするには、ただ”仕組み”を構築するだけではなく、企業努力をしなければ到底なしえることではありません。弊社は人件費や広告活動費、店舗経費の無駄を見直し、この仕組みや弊社の理念に価値を見出していただく”努力”をしております。

イエツグくん
「仲介手数料キャッシュバック」は買主にとって魅力的なサービスの1つだけど、”無料”や”キャッシュバック”という言葉を巧みに使っているだけのケースもあるから注意が必要だよ。

仲介手数料キャッシュバックを利用する前に気を付ける2つのこと

仲介手数料のキャッシュバックには、利用するにあたってはいくつか注意すべき点があります。それは、トータル的に考えて本当に自分に利益があるのかということ。いくら現金をもらえるとしても、以下のようなケースでは、とてもお得とは言えません。

  • もともと仲介手数料が不要な契約
  • 適用条件が当初よりもどんどん厳しくなってきた

上記の状況が具体的にどのようなことなのか、それぞれ詳しく解説していきます。

不動産会社が売主の物件は仲介手数料が必要ない

不動産会社が売主となっている物件を購入する場合は、そもそも仲介手数料が不要です。「仲介」にはあたらないので、手数料を支払う必要はありません。

にもかかわらず、「仲介手数料の一部を還元しますよ」「キャッシュバック」というのは、お得感がないどころか明らかな「嘘」です。

仲介手数料無料もしくはキャッシュバックを利用するときは、仲介する不動産会社がいるのかどうかを確認するようにしましょう。

適用条件が厳しい

「キャッシュバック適用条件が当初よりもどんどん厳しくなる」
「広告に書いていない条件を提示される」

このようにキャッシュバックサービスを受けたくて契約したのに、話を進めていくうちに適用条件が厳しくなってしまう…というケースもあります。「適用するためには、これら条件を満たさなければいけない」など、客引きだけのありもしないサービスを広告は「不当表示」にあたるので完全にアウト。つまり、悪徳業者に分類される危険な業者ということです。

キャッシュバックサービスを検討するときは、不動産会社に対し、「広告の内容と違っていないか」「適用条件はどうなっているのか」について問い合わせてみましょう。

仲介手数料のキャッシュバックは違法ではない

「仲介手数料のキャッシュバック」については、「宅地建物取引業法(宅建業法)」と「景品表示法(景表法)」という2つの法律に関わってきます。

まず「宅建業法」では、仲介手数料の上限は定めていますが下限についての規定はないため、仲介手数料を無料にしても違法ではありません。

そして「景表法」とは、商品(サービス)の品質や価値ではなく、「おまけ」や「付録」のようなもので不当に消費者を集める仕組みを取り締まる法律です。

ただこれは、キャッシュバックや「おまけ」を付けてはいけないというものではありません。サービスを鑑みたときに、「著しく高額なものを景品としてつけてはいけませんよ」というものです。

弊社のキャッシュバックサービスは、景表法の取り扱いには十分気を付けております。もし景表法に定める限度額を上回る場合には、規定に従わせていただくことをあらかじめご了承ください。

違法のキャッシュバックに注意!

以下のようなキャッシュバックは明らかに違法行為なので、ご注意ください。

  • キャッシュバックと記載しているのにもかかわらず、キャッシュバックしない
  • キャッシュバック対象物件の価格が相場よりも高く表示されている

上記の内容は、不当な表示として景表法に違反しています。

ありもしないサービスでお客さんを誘引したり、本体価格そのものを引き上げてお得感を出す行為は、公正取引委員会により禁止されています。仲介手数料のキャッシュバックサービスを利用するときは、上記の2点に該当していないかチェックしてみてください。

キャッシュバックに関する税金について

キャッシュバックを不動産会社から受け取った場合は、一時所得として確定申告をする必要があります。キャッシュバックを受ける予定のある方や、キャッシュバックを受けた場合はしっかりと確定申告をしましょう。キャッシュバックを受けたのにもかかわらず、うっかり確定申告を忘れてしまった場合や、故意に確定申告をしなかった場合、あとから税務調査が入る場合もありますのでご注意ください。

一時所得とは

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
 この所得には、次のようなものがあります。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
(2) 競馬や競輪の払戻金
(3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
(4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)
(5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

引用元:No.1490 一時所得|国税庁

一時所得の計算方法と税額の計算方法

●一時所得の計算方法について

A.所得の計算
受け取ったキャッシュバック金-50万円(特別控除)=一時所得

●税額の計算方法について

B.税額の計算方法
一時所得×1/2(給与所得などの他の所得の金額と合計し総所得金額から税額を計算)
以上となります。
例えばキャッシュバック金が100万円とした場合、一時所得は50万円となります。
一時所得50万円と他の給与所得を合計し、所得税を計算します。
給与所得が500万円の方であれば、一時所得と合計して550万円が総所得金額となるということです。
キャッシュバック金に関して詳しく話しを聞きたいという方は、弊社の顧問税理士を紹介しますのでお気軽にご連絡ください。

まとめ:‟仲介手数料無料+キャッシュバック”の仕組みを理解してお得に不動産を購入しましょう!

取引金額が大きい、不動産売買。少しでも負担を軽くするために、このような仲介手数料割引サービスが普及するのはとても嬉しいことですよね。

イエツグでは、「仲介手数料無料+仲介手数料55%購入者へキャッシュバック」というプランをスタートしました。「弊社取り扱い物件」かつ「売主の報酬が発生する物件」の買主様が、プランの対象となります。

また、キャッシュバックサービスが適用とならないお客さまでも、仲介手数料18万2,900円の定額サービスもご用意しております。まずは、弊社スタッフまでお気軽にご相談ください。

監修者 亀梨奈美
監修者 亀梨奈美大手不動産会社退社後、不動産ライターとして独立。
機関紙から情報サイトまで不動産ジャンルのあらゆる文章を執筆・監修。